世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

原油市場は下落トレンドに突入してしまうのか米国のイラン制裁で主要産油国の協調体制が瓦解

WTI原油先物価格は、7月半ば以降、1バレル=67~70ドルのレンジで推移してきたが、徐々に下押し圧力が強まっている(米国の原油在庫が大幅増加したことから、8月15日のWTI原油価格は1バレル=64ドル台と6月下旬以来の安値となった)。 …

詳細を見る

銅が弱気相場入り、トルコ危機と米中貿易摩擦巡る懸念で

2018.08.16

銅相場が15日、弱気相場入りした。トルコの金融危機と米中貿易摩擦が世界の経済成長を阻害するのではないかとの懸念が広がった。   ロンドン金属取引所(LME)の銅(3カ月物)は午後5時52分(日本時間16日午前1時52分)現在、4%安の…

詳細を見る

Photographer: NurPhoto/NurPhoto トルコ当局、銀行の資本ルールを緩和-自己資本比率の値洗い一時停止

2018.08.15

トルコの銀行規制監督当局は苦境に陥っている国内銀行の支援で時限的な非伝統的措置を講じた。日々の時価による証券の再評価で発生する評価損が銀行の財務健全性の指標に影響を及ぼさないようにする。   トルコの当局は14日に銀行に送付した文書で…

詳細を見る

ルゼンチンが緊急利上げ、45%に トルコ通貨安波及

2018.08.14

南米アルゼンチンの中央銀行は13日、政策金利を5%引き上げて45%とする緊急利上げを発表した。声明で「国外の情勢や新たなインフレへの対応」と理由を説明。5月に通貨ペソの下落を受けて金利を40%まで引き上げたが、トルコ通貨のリラ安などの影響で…

詳細を見る

トルコのエルドアン大統領、対米で強気姿勢崩さず-金融危機が世界に波及する恐れ

2018.08.13

トルコと米国の緊張が高まっている中で、トルコのエルドアン大統領が強気な姿勢を軟化させる兆しは全く見られない。投資家はトルコが本格的な金融危機に陥ることを懸念しており、この混乱がどこまで波及するかが大きな問題となってきた。   エルドア…

詳細を見る

伝説の日経225オプション配信サービス TPP225 半年ぶりに新規会員募集 44か月合計=+9,922,000円

資助言業者として日本で一番配信サービスに実績があるプログレスマインド㈱の鉄板サービス。 他の配信サービスと違いこのTPP225は定員になったらすぐに新規募集を締め切ってしまう。 こTPP225は半年に一度程度しか募集をしないので是非…

詳細を見る

日経225オプションのシグナル配信『225Legend』通算32か月+579.3万の圧倒的実績を誇る配信サービス!!

日経225オプションのシグナル配信『225Legend』 福岡の投資助言業者が行っている素晴らしいサービス。 デルタインベストメント㈱と社名を改めてからの躍進は更に凄い。 2016年1月からスタートしたこの配信サービス。 2…

詳細を見る

ヘッジファンドもはや不要か、お家芸をプライベートバンクが提供

レバレッジを効かせた機動的な投資。こんなヘッジファンドの専売特許だった戦略を2兆4000億ドル(約267兆円)規模のプライベートバンク業界が、市場のサイクル終盤を乗り切るマクロトレードだとして提供している。もうヘッジファンドは不要かもしれな…

詳細を見る

年収1300万円は“低所得”!?

アメリカ西海岸のサンフランシスコは家賃の高騰が深刻です。なにしろ年収1300万円の4人家族は「低所得者」とみなされて政府の住宅補助を申請できるのです。6月に発表された時は正直信じられませんでした。私のまわりのアメリカ人ですら驚いていました。…

詳細を見る

郵便貯金の金利推移をグラフ化してみる

2018.08.08

金融機関にお金を預け入れることで金利に基づいた利子(利息)が発生し、口座から下す時には元本以上のお金を手に入れることができる。通帳記入をすれば時々利子などの名目で口座に振り込まれているのが分かるはず。昨今では金利はごくわずかで「金融機関に預…

詳細を見る

アーカイブ