世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

トランプ氏が側近バノン氏更迭、ホワイトハウス「幸運祈る」

米ホワイトハウスは18日、トランプ大統領がスティーブン・バノン首席戦略官兼大統領上級顧問を同日付で更迭したことを明らかにした。 ホワイトハウスのサンダース報道官は声明で「ケリー米大統領首席補佐官とバノン氏は、今日がバノン氏の最後の勤務…

詳細を見る

日経平均下落で覚えておきたい「3つの価格」

2017.08.18

米国と北朝鮮の米朝関係に緊張感が高まり、リスクオフの流れに転じつつある株式相場。足元では米国株も日本株もいったんリバウンドしたものの、予断を許さない状況だ。今の日本株をテクニカル面から見ると、移動平均線などの動きからは今後の需給悪化が懸念さ…

詳細を見る

NY外為:ドル反落、FOMC議事録受け-ディスインフレを討議

2017.08.17

16日のニューヨーク外国為替市場ではドルが反落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の7月会合の議事録で、ディスインフレについて踏み込んだ議論が行われたことが明らかになった。 その原因や継続期間について結論は得られなかったようだが、数四半…

詳細を見る

日本株が大きく動き出すのは8月24日以降か

2017.08.16

膠着相場が続いていた日本株市場だったが、北朝鮮と米国との関係悪化に伴う地政学リスクが再燃した。8月15日の日経平均株価の終値は1万9753円と5日ぶりに反発したものの、2カ月に及ぶレンジ相場を下放れ、14日は一時1万9486円まで下落した。…

詳細を見る

米国株が大幅続伸、米朝の緊張緩和受けボラティリティーが後退

2017.08.15

14日の米国株相場は大幅続伸し、ボラティリティーを示す指数は低下した。米国と北朝鮮の間の緊張が緩和し、幅広い銘柄が買われた。   S&P500種株価指数は前週末比1.0%上昇して2465.84。4月24日以来の大幅上昇となった。 ダ…

詳細を見る

ヘッジファンドの影響力強まる、パッシブ運用ブームの想定外の副作用

手数料の安い指数連動ファンドの10年におよぶ台頭が、ヘッジファンドの価格設定力を高めるという想定外の副作用をもたらしている。   パッシブ運用のファンドに資金が流れアクティブ運用のストックピッカーの影が薄れる中、ヘッジファンドの影響力…

詳細を見る

8月限+18.5万 20か月で+179%!!!

無題

日経225オプションのシグナル配信『225Legend』 福岡の投資助言業者が展開している、日経225オプション取引の配信サービス。 推奨資金は200万なので20か月で+179%の利益をサービス開始から積み重ねている。 特に今…

詳細を見る

オプション忍者の【日経225オプション】リアルタイムトレード配信 8月限+32万!!2017年+220.7万!!

無題

オプション忍者の【日経225オプション】リアルタイムトレード配信 大阪のトレードマスターラボ㈱という投資助言業者が昨年から行っている日経225オプション配信。 8月限はいまだに取引回数たった1回で+32万。 2017年はいまだ負け…

詳細を見る

運用業者育成で都に提案へ、資金提供も視野-金融ハブ構想でJIAM

「アジア金融ハブ」構想を打ち出している東京都に対し、国際資産運用センター推進機構(JIAM)は、国内外の新興資産運用業者への運用資金提供も含めた育成プログラムを提案する。 東京市場への拠点設立を条件に資産運用業者を支援し、誘致するのが狙い…

詳細を見る

米国株:下落、米大統領が北朝鮮に警告-ボラティリティー上昇

2017.08.09

8日の米国株は下落。米朝の緊張が高まる中、トランプ米大統領が北朝鮮に警告を発したことを受けて株式のボラティリティー(変動性)を示す指数は急伸した。   S&P500種株価指数は0.2%下げて2474.92。ダウ工業株30種平均は0.2…

詳細を見る

アーカイブ