世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

ベインキャピタルによる大江戸温泉村買収は成功するか。

640px-Ooedo_Onsen_Monogatari_20080727-300x225

米大手投資ファンド「ベインキャピタル」がお台場の「お台場大江戸温泉物語」を筆頭に全国29か所で温泉旅館や温泉施設を運営する大江戸温泉ホールディングスの全株式を取得したと発表した。
負債を含む買収総額は約500億円に上る。

オープン当初には話題のスポットとして人を集め、2010年頃には四国のレオマワールドや、ホテルニュー岡部など経営が立ち行かなくなったホテルや旅館などを格安旅館として再生する事業が注目を集めていた大江戸温泉HDだが、ここ最近はお台場の「大江戸温泉物語」もあまり名前を聞くこともなくなっていたように思えただが、それは勝手な印象の問題で実際は相当な成長を継続していた。

ベインキャピタルによれば、大江戸温泉HDは、全国に23の温泉旅館と6の温浴施設/テーマパークを展開し、年間約500万人が利用、売上高は2007年以降毎年30%成長を達成しており今期売上高350 億円、従業員数3,000 名を要する国内最大手の温泉旅館チェーンに成長をしており、今後観光立国を目指す日本のインバウンド需要の獲得を見据え、アジアを中心とした海外展開を通じた成長戦略を見据えていくとしている。

ここ最近は外国人観光客の間では手軽に温泉気分を味わえるスポットとして大江戸温泉物語がクローズアップされている。

世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」によれば、「外国人がクールだと評価した日本の観光スポット20」(http://www.tripadvisor.jp/pages/Ranking2_2013.html)では、同HDの「お台場大江戸温泉物語」は堂々5位にランクしている。

海外からの観光客を当て込んで集客を伸ばしてきている大江戸温泉村を、アメリカのファンドが買収するというのはとても理にかなっているのは確かだ。

それと同時に日本らしい温泉、からはかなり大きく遠のく可能性も秘めているため逆に日本人のファンは離れていく危険性も内包している。

500億の投資をどのように回収していくのか、見ものだ。

関連記事

アーカイブ