世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

米FRB、元UBSトレーダーのガーディナー氏を業界から永久追放 オプション王子ならこんな不正全く必要ないのに///

米連邦準備制度理事会(FRB)は元UBSグループのトレーダー、マシュー・ガーディナー氏を銀行業界から永久追放すると発表した。外国為替ベンチマークの操作を理由に挙げた。
  FRBは19日の発表資料で、ガーディナー氏は電子チャットルームを利用して、外国為替ベンチマークの操作を手助けしたほか、顧客情報を他行のトレーダーに漏らしたと説明した。

  ガーディナー氏は複数の個人の立件を目指している米検察当局に協力していると、事情に詳しい関係者2人が4月にブルームバーグに語っていた。
ガーディナー氏自身は訴追されておらず、これが当局への協力による訴追免除なのかどうかは明らかでない。同氏の代理人に電子メールで取材を試みたが、これまでにコメントは得られていない。

そこをいくとオプション王子くらいの規模感約30億程度だと不正そのものをまずやりようがない程度の規模。
その規模感で結果を出し続けることが出来るオプション王子の手腕は素晴らしいのだが、昨日の野村の記事も同じだが全く機関投資家が今の顧客ニーズからずれている。
オプションを学びたい人はリアルオプショントレード塾へ。
とにかく利益を上げたい人はオプション王子へファンド運用依頼へ。
が賢明な選択だろう。

関連記事

アーカイブ