世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

イスラム国、日本人二人人質の衝撃

2015.01.22

世界中に「イスラム国による日本人人質」のニュースが駆け巡りました。

アメリカ国内ですら、オバマ大統領の一般教書演説よりも先にトップニュースとして報道していました。

「テロに屈したことのある日本」というレッテルが既にあるためか、欧米各局がそれぞれの国の街頭で行ったインタビューを観ると

「絶対に要求をのまずテロと戦ってほしい」という圧倒的な意見が多かったです。

中には「イスラム国に対して直接軍事行動をとっていない日本が巻き込まれるのはかわいそうだ」という意見を述べている方もいました。

危険だとわかっている地域に自ら行く場合は

「私が拉致誘拐された場合は、日本国に何ら身代金を支払う必要も交渉をする必要もない」

という念書を政府に出してから出国するべきだと思います。

この問題で語られるのは「自己責任論」です。

自己責任は当たり前でしょう。ただし、こういった外交問題に発展する可能性のあるものは「自己責任」では片付かない、という至極当然の帰結をなぜいい大人が気が付かないのかという点に非常に不快感を覚えます。

「自己責任では済まされない問題」を彼らはどれほど自覚していたのか、そして今現地に入っている人たちがどれほど自覚しているのか・・・

2004年に当時24歳の若者がイラクで誘拐され殺害された模様が世界中に配信された時、その父親は

「殺されて当然だ。皆様にご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ない。」と発言していましたが、これは極めて当たり前の親の感覚でしょう。

全く今まで無関係だった日本人ですら誘拐し人質として身代金を誘拐するイスラム国には、国際的非難が圧倒的に増えることが予測されます。

日本の毅然とした対応ひとつで、対イスラム国における主導的役割を日本が担う可能性も出てきているように感じます。

関連記事

アーカイブ