世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

ドイツ銀行だけではない、チャートで見る独銀行業界の苦境

2016.11.15

ドイツ銀行のジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)が直面する問題は、膨らむ法的費用や厳格化する資本規制など幅広い。だが競合するドイツ国内の他行も同じ悩みを少なくとも一つ抱えている。それはドイツが欧州で最も競争の激しい市場だということだ。

  独キールを拠点に債券で6億ユーロ(約700億円)強を運用するIfKの創業者マルティン・ウィルヘルム氏は、「ドイツ銀が対処しなければならない問題はまだ数多いが、状況はドイツの銀行市場全体でもかなりひどい」と述べ、「ドイツ国内で銀行が利益を上げるのは実に難しい」と続けた。

  ドイツの銀行業界は多額の預金を抱え、マイナス金利の痛みが増している。さらに厳しい労働法でコストは膨らみ、し烈な競争が利益をむしばむ。以下のチャートはドイツの銀行業界が向き合う課題の一部を浮き彫りにするものだ。

  ドイツ銀行株を保有するランデスバンク・ベルリン・インベストメントで運用を担当するルッツ・レーマイヤー氏は、「ドイツ市場はあまりに断片化されている」と指摘。国内に1400行以上ある貯蓄銀行や信用協同組合が「高い」市場シェアを持っていることが、コメルツ銀行やドイツ銀行の利益を圧迫しているとの見方を示した。

  こうした状況からドイツ銀行のクライアンCEOらは業界再編を呼び掛け、独連邦銀行(中央銀行)のドンブレト理事をはじめとする当局者も「持続可能で合理的な利益率」に寄与するならば、合併は理にかなうだろうと述べた。

  またIfKのウィルヘルム氏は、ドイツの銀行業界では伝統的に「コストが高すぎる割に行員1人当たりの生み出す収入が低すぎる」ことを挙げた。
効率化向上に向け、ドイツ銀は国内4000人を含む9000人を削減し、コメルツ銀は7300人の純減を目指している。
ヘッセン・テューリンゲン州立銀行のエコノミスト、ウルリケ・ビショフ氏は今月公表した調査で、英国の欧州連合(EU)離脱選択を受けてフランクフルトに2000人強の人員が異動してくるため、2018年末の同市の銀行業界従業員は恐らくほぼ変わらずの6万2000人で安定が続くだろうと予想した。

関連記事

アーカイブ