世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

日本が最大の米国債保有国に、中国抜く

2016.12.16

中国が人民元相場の支援のため外貨準備を充当する中で、同国の米国債保有残高は約6年ぶりの低水準に減少した。
この結果、日本が最大の米国債保有国となった。

米財務省が15日発表した10月の対米証券投資動向によれば、中国の米国債残高は1兆1200億ドルと、前月から413億ドル減少した。
これは2010年7月以来の低水準。
日本も45億ドル減少したが、米国債保有額は1兆1300億ドル。

関連記事

アーカイブ