世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

1人当たり売上高 1位は15億円超、1億円以上稼ぐ会社は多数

2015.03.25

その名のとおり、それぞれの企業の直近本決算における売上高を従業員数で割って算出した数値で、5年前との増減比率や全体の売上高、営業損益、平均年収も併載した。従業員数には一般的に派遣やパート、アルバイトなどの非正規社員(臨時従業員)が含まれていないので、実質的な頭数で割り出した数値とは少しズレがあるかもしれないが、企業の営業力や収益性、効率性の目安になる。

1位はトーメンデバイス。トーメンと2006年に合併した豊田通商系の企業で、半導体や液晶の専門商社だ。サムスン電子のDRAM・フラッシュメモリの扱いを主体としている。扱っている商品と専門商社という業態の特性があるかもしれないが、前期(2014年3月期)でみると113人で1747億円を売り上げており、1人当たり売上高は15億4561万円にも及ぶ。一方、営業利益率は1%台と収益率は決して高くない。

2位の富士石油(1人当たり10億9322万円)や3位東燃ゼネラル石油(同9億8266億円)などのように、上位には石油会社の姿が目立つが、原油市況の影響もあり、前期決算は赤字。業種・業態が同じだったり、近かったりする会社同士が、似通った数値になっているケースは少なくなく、1人当たり売上高が大きい企業であっても、必ずしも効率的に利益を稼いでいるワケではないという傾向も読み取れる。

1人当たり1億円の売り上げを稼ぐ企業は約400社。上場企業のうち1割強に当たる。未上場会社でも目安となりそうで、この水準を超えるとすればかなり優れているといってもいいかもしれない。

関連記事

アーカイブ