世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

ソフトバンクの企業買収でインサイダー取引か 米証券取引委

2017.03.02

アメリカ証券取引委員会は、通信大手のソフトバンクグループが先月発表した企業買収に絡んで、インサイダー取引が行われた疑いがあるとして、複数の投資家の資産を凍結したことを明らかにしました。

アメリカ証券取引委員会によりますと、ソフトバンクグループが先月発表したアメリカの投資会社、フォートレス・インベストメント・グループの買収に絡んで、インサイダー取引が行われた疑いがあるということです。

ソフトバンクによる買収は先月14日、ニューヨーク株式市場の取り引き終了後に発表されましたが、情報を事前に入手した複数の投資家が値上がりする前のフォートレスの株を購入し、後に売却したことで、360万ドル(およそ4億円)の利益を不正に得たとしています。

これらの投資家は、ロンドンとシンガポールのブローカー会社を通じて取り引きしていたということで、証券取引委員会は投資家の資産を凍結したうえで、不正に得た利益の返還と罰金の支払いなどを求めることにしています。

関連記事

アーカイブ