世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

米国株:反発、フランス選挙結果で安心感-金融株が買いを集める

2017.04.25

24日の米国株式相場は反発。フランス大統領選挙の第1回投票結果を受けて、金融市場では世界的に安心感が広がった。
トランプ米大統領は今週、税制改革のおおまかな骨子を発表することになっている。

  S&P500種株価指数は1.1%上昇の2374.15。先週21日には金融株が売られ、指数全体では0.3%下げていた。
ダウ工業株30種平均株価はこの日216.13ドル(1.1%)高い20763.89ドル。ナスダック総合指数は1.2%上げて5983.82と、過去最高値を更新した。同指数は昨年11月8日以降15%上昇。値上がり率は同期間のS&P500種の11%を上回っている。

  S&P500種のセクター別では金融が特に上昇し、2.2%高。資本財・サービスと情報技術も高い。原油価格が下げたにもかかわらず、エネルギーは0.5%上昇した。
  25日にはデュポンやマクドナルド、コカ・コーラ、キャタピラーなどが決算を発表する。

関連記事

アーカイブ