世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

「ドル上昇続く」見通しにトレーダーが1.37兆円の賭け、133円視野に

2017.05.10

円に対するドルの上昇が続くとの見通しに、トレーダーらは今週、少なくとも120億ドル(約1兆3700億円)を賭けた。

来月の米利上げ観測が高まったほか、テクニカル指標がドル高を示唆した。

  オプション市場では今週、ドルが来年までに1ドル=133円まで上昇するとの予想に基づく取引が増えた。

ブルームバーグがまとめた米証券保管振替機構(DTCC)のデータが示した。

ドルは9日、円に対して3月半ば以来の高値を付けた。オーバーナイト・インデックス・スワップ(翌日物レートと固定金利を交換する金利スワップ、OIS)とフェデラルファンド(FF)金利に基づくと、市場が想定する6月利上げ確率は81%と先週の68%から上昇している。
  
  移動平均収束拡散手法(MACD)などのテクニカル指標はドル一段高を示唆。115円をやや上回る3月高値の突破を試す展開を示唆している。

関連記事

アーカイブ