世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

北朝鮮が弾道ミサイル発射、日本のEEZに落下のもよう-菅官房長官

2017.05.29

菅義偉官房長官は29日、北朝鮮が午前5時40分ごろ東岸から弾道ミサイルを発射して日本海の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる、と緊急記者会見で明らかにした。
政府は北朝鮮に最も強い表現で非難した。

  現時点では航空機や船舶などへの被害の情報は確認されていないが、政府は官邸危機管理センターの官邸対策室で情報収集、さらに緊急参集チーム招集して対応について協議している。
安倍晋三首相に報告、情報収集・分析と国民への情報提供、航空機や船舶の安全確認、不測の事態に備え万全の体制を取るようにとの指示を受けたと菅官房長官は述べた。

  その上で菅官房長官は、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「航空機・船舶への安全確保の観点から極めて問題のある行為で安保理決議への明白な違反。
わが国としては北朝鮮の度重なる挑発行為を断じて許すことができない」として「厳重に抗議を行い、最も強い表現で非難した」とも語った。

関連記事

アーカイブ