世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

日本系貸金業者、韓国市場でシェア40%…庶民金融市場蚕食を憂慮

2015.04.13

日本系貸金業者が韓国消費者金融市場の40%以上を占める中、消費者の保護など規制で金融当局の死角地帯にあるという指摘が提起された。

金融監督院が12日に黄柱洪(ファン・ジュホン)新政治民主連合議員に提出した資料によると、日本系が大株主のアフロファイナンシャル、三和マネー、ミズサラン、KJIの4社の資産は昨年上半期基準で4兆2836億ウォン(約4700億円)だった。昨年上半期、資産100億ウォン以上の大手貸金業者の資産が10兆1605億ウォンだったことを勘案すると、これら日本系大株主が韓国市場でシェア42.4%を確保した状況だ。

問題は日本系貸金業者や金融会社が金融当局の規制から相対的に自由という点だ。このため主な顧客の庶民が被害を受ける事例が多数発生しているという。

これに関し、黄議員は「日本系貸金業者は低金利の資金を持ってきて韓国庶民金融市場を蚕食し、金融の多様な政策的な部分を座視したまま利潤追求に埋没する可能性が高い」とし「当局レベルで適切な管理が必要だ」と伝えた。

上記の記事は非常に興味深いのだが、いかんせん一番大事なポイントが書かれていないためにはっきりとしたコメントが述べづらい。

問題は日本系貸金業者や金融会社が金融当局の規制から相対的に自由という点だ。

せめてこの点だけでも何がどのように自由で他の韓国企業と違うのかを指摘しておいてくれると、その先を考える材料が手に入るのだがあまりにも情報が少なすぎる。

ただし、韓国内で貸金業のシェアを日系がこれだけ占めていること自体をしならなかったのでその点だけは驚いた。

注視してチェイスしていきたい。

関連記事

アーカイブ