世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

モルガン・スタンレーもビットコイン先物の決済手掛ける

米モルガン・スタンレー は大手の機関投資家顧客のためのビットコイン先物決済を手掛けており、そのほかの方法で仮想通貨に関わる方法を考えるため定期的に経営陣の会合を開くと ジョナサン・プルーザン最高財務責任者(CFO)が述べた。

  プルーザンCFOは18日の電話インタビューで、「先物取引をして、現金決済したいという顧客がいれば対応する」と述べた。

  ウォール街の大手金融機関としてゴールドマン・サックス・グループに次いで同様のサービスを提供することを明らかにした。

  ゴールドマンは決済の条件として先物取引の全額に相当する額を準備することを一部の顧客に求めたとブルームバーグ・ニュースが昨年12月に報じていた。

  プルーザン氏はモルガン・スタンレーがどの程度の証拠金を求めているかは明らかにしなかったが、仮想通貨のボラティリティが証拠金レベルを設定する要因になると述べた。

関連記事

アーカイブ