世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

イタリアで中世の「サイボーグ」が見つかる

2018.04.16

タリア北部で考古学者らが、珍しい発見をした。手の場所にナイフがついている男性の骸骨が見つかった。Sciencealertが伝えた。

スプートニク日本

この骸骨は6~8世紀のものと推定された。死亡時の年齢は40~50歳とみられている。右腕は切断されており、手の代わりにナイフの付いた義手がつけられていた。


イタリアで中世の「サイボーグ」が見つかる
考古学者のイリヤーナ・ミカレッリ氏は男性の手は「医学的診断によって切断された、あるいは転倒した際に折れた可能性がある」との見方を示している。

関連記事

アーカイブ