世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

ビットコインの価値は20ドル エコノミスト、貨幣数量説を基に分析

2018.05.08

エコノミストのサッバス・サブリ氏とリチャード・ジャックマン氏はワイン付きの夕食を食べながら分析し、ビットコインの価値は200ドル(約2万1800円)程度だとの結論に達した。さらにもう1日かけて、20ドルだと考え直した。

 1年前には1200ドルだったビットコイン価格は、昨年12月に2万ドルに迫った後、今は8000ドル前後。本源的な価値の400倍ということだ。両氏はこの説を、飲んだワインにちなんでコート・デュ・ローヌ・セオリーと名付けた。

 ロンドンのヘッジファンドのパートナーであるサブリ氏は「ワインは最高のアイデアを出すための潤滑油だ」と語った。いっしょに飲んだジャックマン氏はロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの名誉教授。

 ビットコインの本源的な価値を、トレーダーも技術者もギャンブラーも知りたがっているが、答えを出すのは簡単ではない。コンピューターのコードでできた仮想通貨は政府や中銀の後ろ盾もなく使える場所も数少ない。キャッシュフローも生み出さないし電子台帳のブロックチェーン技術に対する所有権が得られるわけでもない。ためる以外にできることはあまりない。

 サブリ、ジャックマン両氏は経済学者のアービング・フィッシャー氏が唱えた貨幣数量説を基に分析することにした。貨幣の価値は供給量および使用回数にリンクしているという説だ。

貨幣の総供給量と使用頻度、貨幣によって購入された財とサービスの総額から1コインの価値を算出する。ビットコインの供給量を1500万コインと見積もり、平均で年4回使われると想定する。延べで6000万ビットコインが使われることになり、ビットコインを使って購入された財とサービスの米ドル建て合計額12億ドルをこれで割ると、1ビットコインは20ドルとの結果が得られたという。

関連記事

アーカイブ