世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

村上世彰氏の長女が投資会社CEOに

かつて「村上ファンド」を率いて、「モノ言う株主」として脚光を浴び、その後証券取引法違反(インサイダー取引)で有罪判決を受けて投資の世界から身を退いた村上世彰氏(55)が再び動き出した。

 今年6月、旧村上ファンド関係者が運営する投資会社「C&Iホールディングス」の最高経営責任者(CEO)に村上氏の長女・絢氏が27歳の若さで就任した。直後の6月26日、同社は電子部品商社・黒田電気に対し、臨時株主総会の開催と村上氏ら4人を社外取締役として選任することを求めた。C&Iは村上氏個人らと合わせて黒田電気株の約16%を保有している。他にもゴルフ場運営会社・アコーディアゴルフや自動車部品メーカー・ヨロズなど複数の企業への投資を進めている。

 絢氏はブルームバーグのインタビュー(7月14日付)で黒田電気を〈割安な銘柄。内部留保が多く、それを活用していない。コーポレートガバナンス(企業統治)がしっかり効いていない〉と評した。「モノ言う株主」のDNAも、父親から譲り受けていることが窺える。

 今後の市場動向に敏感な投資家たちの注目を集めるC&Iホールディングスの社長になった絢氏とは、どんな人物なのか。

 慶大法学部を卒業後、外資系証券会社に2年半勤務し、村上氏の側近が運営する別の投資会社に入社した。彼女の素顔を慶大の同級生がこう証言する。

「お父さん似のクリッとした大きな目が印象的な美人。法学部で屈指の難関ゼミに所属していた。面倒見のよい姉御肌で後輩から慕われていました。その半面、気が強くて思ったことをすぐ口に出すタイプで、ゼミでは舌鋒鋭く討論をリードしていたそうです。

 年上の金融マンと結婚して、すでに1児の母と聞いています。お父さんに反発した時期もあったみたいですが、学生時代から“父を尊敬している”“家族仲が凄く良い”と話していました」

 社長に就任した絢氏に取材を申し込むとC&Iは「お受けできません」と回答したが、ブルームバーグの取材では父から受けた強い影響を語っている。

〈(父は)投資家として能力はすごく高い。この世界の第一人者〉〈父の考えに強い共感を持っている〉

 また同メディアの取材では父を否定した日本社会への批判ものぞかせている。

〈父の考え方を浸透させるのには早過ぎた。日本に拒絶された部分もある。時代のほうが(父に)追いついてきた〉

 復活した村上ファンドは今後、何を狙うのか。村上氏について数々のレポートを発表してきたジャーナリストの高橋篤史氏が語る。

「彼らのビジネスモデルはかつてと変わらないでしょう。内部留保や不動産資産の多さ、株価収益率(PER)の低さなどに注目して割安銘柄を購入していくと考えられます。今の村上氏は実質的な個人投資家。馴れ合いの株主総会や取締役会に代表される『日本型経営』への批判をさらに強めていくのではないでしょうか。

 その手始めと目されるのが黒田電気です。8月下旬に臨時株主総会を控え、取締役選任の要求を取引材料として、何かアクションを起こしていくはずです」

関連記事

アーカイブ