世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

イエレンFRB議長:経済への自信を示唆

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は経済の成長見通しに自信を持っていると述べ、事実上のゼロ金利時代の幕引きを遅らせ過ぎると急激な引き締めを余儀なくされ、金融市場や6年にわたる景気拡大を損ねるリスクがあると警告した。

イエレン議長は2日、ワシントンのエコノミック・クラブで講演。
講演原稿によれば、議長は「米連邦公開市場委員会(FOMC)が金融政策の正常化を必要以上に遅らせた場合、二大責務が大幅に行き過ぎないように経済を制御するため、当局は急激なペースで金融政策を引き締めざるを得なくなる可能性が高い」
と述べ、「そうした急激な引き締めは金融市場を混乱させ、経済をリセッション(景気後退)に逆戻りさせるリスクが生じるだろう」と警告した。

FOMCは今月15-16日に行われる。
市場では政策金利が引き上げられると予測されている。
フェデラルファンド(FF)金利誘導目標は2008年から事実上ゼロに設定されている。

議長は「10月のFOMC会合以降に入手した経済と金融の情報は全般的にみて、労働市場の改善が続くというわれわれの見通しと整合的だ」と述べ、
「以前にも指摘した通り、労働市場の継続的な改善はインフレが中期的に目標値の2%に戻っていくという自信を強める方向に作用する」と続けた。

議長はこの日、金融政策当局者は次回FOMC会合までに労働市場やインフレ、経済活動に関する広範なデータを入手するとあらためて言明した上で、労働市場と賃金の最近の改善は明るい兆候だと述べた。
議長は「全労働者の平均時給と事業部門の時間当たり報酬の伸びに加速が見られるのは歓迎すべき点だ」と話し、
「こうした拡大ペースの加速が継続するのかどうかについて結論付けるのは時期尚早だが、持続的な上昇は労働市場のスラック(たるみ)解消を示唆している」と指摘した。
イエレン議長は3日、上下両院合同経済委員会の公聴会で証言する。

関連記事

アーカイブ