世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

ファンドオブザイヤー最優秀

5cf3111f97f259c13967506f348cf932

投資信託の評価機関であるモーニングスター 1月30日、毎年約4,700本の国内の追加型株式投資信託を対象に優れたマネジメントと運用実績を上げたファンドを選考した『Morningstar Award “Fund of the Year 2014”(ファンド オブ ザ イヤー)』を発表した。

優秀賞を受賞したファンドは大きく2種類で、最優秀ファンド賞と同様に高金利な新興国へ投資するものと、先進国のハイ・イールドボンド(投資適格水準とされるBBB格相当下回るジャンク債)に投資するものであった。  今回は、その中の債券系2部門で高評価を獲得したファンドの傾向を探っていきたい。

債券型部門の受賞ポイントは的確な選別投資と投資比率変更

債券型部門の最優秀ファンド賞は、日興アセットマネジメントの高金利先進国債券オープン(毎月分配型)『愛称:月桂樹』だ。このファンドの投資方針は、信用力が高く(取得時の長期債務格付けAA相当以上)、金利が相対的に高い先進国のソブリン債に投資するが、トータルリターン は16.44%と類似する他のファンド平均3.96%と比べて際立ったリターンを達成し、資金流入額もトップだったことで受賞となった。高パフォーマンスを残した理由としては、ポートフォリオの25%以上を先進国でトップクラスの金利水準であるニュージーランドに投資したことで、利息収入と円安トレンドによる為替差益が他の類似ファンドよりも大きかった。また、30%以上投資していた米国でも 高水準の為替差益を得られたことが挙げられる。投資対象とその投資比率を積極的に見直すスタイルがこの結果へと繋がった。

優秀賞を受賞したその他のファンドについても、国内債券メインの東京海上アセットマネジメント・円建て投資適格債券ファンド(毎月決算型)『愛称:円債くん』を除けば、基本的には、比較的高金利の先進国をメインに投資するタイプだった。これは、昨今の世界的な金融緩和競争の中で、低金利の先進国マネーが高金利国へ流入する傾向を的確に捉えたファンドが受賞しているといえるだろう。

高利回り債券型部門の受賞ポイントは突出したリターン

もう一つの債券系部門・高利回り債券型部門は野村アセットマネジメントの野村インド債券ファンド(毎月分配型)が最優秀ファンド賞を獲得した。このファンドの投資方針は、インドルピー建ての公社債等を主要投資対象とする投資信託証券のほか、米ドル建ての公社債等も含め、為替予約取引等を活用してインドルピーへの投資効果を追求する投資信託証券に投資。他の類似ファンドだけでなく、ハイ・イールド債券ファンドを含めてもトップのトータルリターン27 .35%という成績を上げて受賞となった。高リターンの要因は、市場環境に応じて適宜、インドルピー建て債券と米ドル建て債券の比率を変更したことにある。

債券系の昨年のトレンドは高金利国投資と毎月分配型(決算型)

昨年の高金利国投資というトレンド以外に、もう一つ着目すべき点として、毎月分配型(決算型)が多く受賞しているということがある。受賞した14ファンドすべてが毎月分配型(決算型)であった。前年の『ファンド オブ ザ イヤー』でも多く受賞していたことを考えると、今年も引き続き、個人投資家は定期的に分配金を受け取れるファンドへ多く投資するのではないだろうか。

さぁここまでみていくと、もっともリターン率が良いファンドでも+27.35%だということだが、これがアメリカのCTA全体の評価なら全くかすんでしまうほどのぼんやりした成績でしかない。

その程度の実績でもトップに立ててしまうのが日本のファンドや投資信託の実情だということだろう。

+30%であればたった一か月で達成してしまうファンドなどゴロゴロしているのだが、そういった商品への投資を日本人は全く好まない。

私が投資している日本人が運用しているファンドは2015年になってのほんの二か月余りで既に元本に対して80%以上のリターンを上げている。

ちなみに言えば、2014年のトータル利回りは240%を超えた。

当然投資信託のように数千億の資金量を抱えては同じことは無理であろうが、数十億単位で充分の規模だ。

先物指数、オプション、商品先物等を駆使しているファンドだが、これらの商品は絶対に上記したようなものの中には入ってこない。

ホンモノのプロフェッショナルが大手には所属せず自分自身で資金を集めている。

そして「怪しい」と思われる媒体、たとえば適格機関投資家の届出業者としてでしか活躍していないので一般的にはまず知られることはない。

「怪しい」ことを大前提に一度冒険して適格期間投資家届出業者による優秀なファンドを探してみるのは面白い作業だ。

関連記事

アーカイブ