世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

トランプ米大統領は15%の法人税率望む、共和党の目標は20%と関係者

2017.09.25

米共和党の税制問題の交渉担当者は連邦法人税率を現行の35%から20%に引き下げることを目標としていると事情に詳しい関係者2人が明らかにした。 ただ、少なくとも一つの潜在的障害がある。それはトランプ米大統領だ。   トランプ大統領…

詳細を見る

NY金:反落、米大統領と議会が「ハービー」被害救済と債務上限で合意

2017.09.07

6日のニューヨーク金相場は反落。トランプ米大統領と議会指導部がハリケーン「ハービー」の被害救済法案に、12月15日までの債務上限引き上げと政府運営資金の確保を抱き合わせることで合意したことが背景。   米景気減速懸念や米国と北朝鮮の情…

詳細を見る

米国債に悪夢のシナリオ 市場は「テクニカルデフォルト」懸念

米国による債務の履行を疑う人は誰もいない。だが、議会が連邦債務上限引き上げに間に合わない場合、14兆1000億ドル(約1545兆円)規模の米国債市場は元利金の支払いが単に遅れる「テクニカルデフォルト(債務不履行)」が発生することになる。それ…

詳細を見る

再び市場暴落なら保険業界に金融危機よりひどい打撃

2017.08.30

People enter BlackRock Inc. headquarters in New York, U.S., on Wednesday, Jan. 11, 2017. BlackRock Inc. is scheduled to release earning figures on January 13. Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

2008年の金融危機で手ひどい損失を被った保険業界が、再び市場の暴落に見舞われたらどうなるか。 世界最大の資産運用会社である米ブラックロックが、同業界による5兆ドル(約545兆円)相当の米国投資を検証した結果、当時よりもひどい打撃を受…

詳細を見る

大手米銀に3兆円の恩恵、トランプ大統領の規制緩和で増益20%も

2017.08.24

ワシントンで吹く規制緩和の風に後押しされ、大手米銀6行の通期税引き前利益は合わせて270億ドル(約3兆円)増える可能性がある。これは20%程度の増益に相当する。   ブルームバーグがアナリストに話を聞き、各行の開示資料に基づいて試算し…

詳細を見る

米国株の本格的下落が始まったかもしれない 警鐘は「相場の天井」で鳴ってはくれないもの

2017.08.21

短期的にはリバウンドも有り得るが… 日経平均株価は、8月18日まで3営業日連続で下落した。先週末の終値(1万9470円)は、過去の終値だけをみれば、5月ゴールデンウィーク明けの上振れ直前にあたる、5月2日(1万9445円)以来の1万9…

詳細を見る

トランプ氏が側近バノン氏更迭、ホワイトハウス「幸運祈る」

米ホワイトハウスは18日、トランプ大統領がスティーブン・バノン首席戦略官兼大統領上級顧問を同日付で更迭したことを明らかにした。 ホワイトハウスのサンダース報道官は声明で「ケリー米大統領首席補佐官とバノン氏は、今日がバノン氏の最後の勤務…

詳細を見る

米国株が大幅続伸、米朝の緊張緩和受けボラティリティーが後退

2017.08.15

14日の米国株相場は大幅続伸し、ボラティリティーを示す指数は低下した。米国と北朝鮮の間の緊張が緩和し、幅広い銘柄が買われた。   S&P500種株価指数は前週末比1.0%上昇して2465.84。4月24日以来の大幅上昇となった。 ダ…

詳細を見る

米国株:下落、米大統領が北朝鮮に警告-ボラティリティー上昇

2017.08.09

8日の米国株は下落。米朝の緊張が高まる中、トランプ米大統領が北朝鮮に警告を発したことを受けて株式のボラティリティー(変動性)を示す指数は急伸した。   S&P500種株価指数は0.2%下げて2474.92。ダウ工業株30種平均は0.2…

詳細を見る

米国株の「暴落リスク」が現実味を帯びてきた 日本株に「強烈な円高圧力」が襲い掛かる?

2017.08.04

米国株は、昨年11月8日の米国大統領選挙以降、「押し目買いに押し目なし」、という相場格言どおりの展開になっている。代表的な株価指標であるNYダウ工業平均株価は連日高値を更新、8月2日にはついに初めて2万2000ドルを突破した(終値2万201…

詳細を見る

アーカイブ