世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

米大手銀10行、危機前ピークに迫る好決算 4~6月期

2017.07.25

JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカを含む大手米銀10行は4~6月期(第2四半期)に、2007年第2四半期に記録した過去最高にわずか数億ドルに迫る合計300億ドル(約3兆3400億円、ブルームバーグまとめ)の利益を確保した。 …

詳細を見る

ゴールドマン・サックスの惨めな業績

2017.07.20

金融関係者の就活サイトeFinancialCareersの「屠殺マダム」ことセーラ・ブッチャーが、ゴールドマン・サックス(ティッカーシンボル:GS)の凋落について面白い分析記事(What’s wrong with Goldman Sachs…

詳細を見る

退屈したトレーダーが出会い系アプリ閲覧、ウォール街不調の症状

ある債券トレーダーは早退して子供のスポーツの試合を見に行く。 あるファンドマネジャーによると、オフィスぐるみでゴルフで時間をつぶした。別の銀行のトレーディング部門の管理職は出会い系アプリでいろいろなお相手のプロフィルを閲覧していたと白状し…

詳細を見る

危機のフラッシュバック、大規模な格下げがサブプライム崩壊の引き金 Adam Tempkin、Claire Boston 2017年7月11日 07:03 JST Share on FacebookShare on Twitter 関連ニュース 米国株:S&P500種が小幅続伸、テクノロジーに買い-商い薄い SMFG:国際証券ビジネス強化、3年で粗利6割増へ-銀証一体化 The words ‘This note is legal tender for all debts, public and private’ appear on the face of U.S. one dollar bill displayed for a photograph in New York, U.S., on Tuesday, April 15, 2008. It was 135 years ago that the British economic journalist Walter Bagehot laid out the guiding principles for a central bank acting as lender of last resort: Lend freely at a penalty rate against good collateral. NY外為:ほぼ変わらず、イエレン議長の議会証言控えて様子見 米国債:小じっかり、決算シーズンとFRB議長証言に注目 ブルームバーグ ニュースをフォローする Facebook Twitter 10年前の今日、サブプライムローン債は「AAA」の建前が崩れた

2017.07.11

「なぜ今なんだ」とヘッジファンド運用者のスティーブ・アイズマン氏は尋ねた。 2007年7月10日のことだった。時間は午前10時。同氏はスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)のアナリストらとの電話会議の最中だった。 S&Pは73億ド…

詳細を見る

原油市場に「暴落」の兆し、防ぐ手段はあるのか地政学リスク上昇も「後の祭り」か

6月19日の米WTI原油先物価格は、前週末比0.54ドル安の1バレル=44.20ドルと7カ月ぶりの安値に低下した。「主要産油国の減産幅拡大の協議に入った」「米国の在庫が減少した」との報道があったのにもかかわらず、21日の原油価格は続落し、1…

詳細を見る

アメリカ株は天井か

2017.06.19

先週6月14日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、FRB(米連邦準備理事会)は今年2回目の利上げを決定した。さらに年内1回、来年あと2-3回の利上げの可能性を示唆した。 米国株は天井に達したが、天井で止まる? にもかかわらず、…

詳細を見る

投資家に不安 バランスシート縮小、年内にも開始

2017.06.14

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長はバランスシートを縮小する道に進む準備を整えている。ただ、先行き見通しは不透明だ。来年、新議長が就任し、当局が保有する大量債券の縮小でより野心的なアプローチを選ぶ場合、投資家にはそれが不安要因にな…

詳細を見る

FOMC議事録:追加利上げ「近く」適切に-資産縮小計画も支持

2017.05.25

米連邦準備制度理事会(FRB)が24日公表した5月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合議事録によると、大部分の当局者はもう一段の利上げが「近く適切になる」と判断。また4兆5000億ドル規模の当局のバランスシートを緩やかに縮小させる計画を支持…

詳細を見る

米国株:反発、楽観的な見方が再び優勢に-経済指標が予想上回り

2017.05.19

18日の米国株は反発。一時の下げから持ち直した。ワシントンの政治情勢がなお混乱しているものの、経済統計を受けて米景気に対する楽観的な見方が再び広がった。   S&P500種株価指数は前日比0.4%高の2365.72。ダウ工業株30種平…

詳細を見る

米国株:急落、ダウ平均370ドル安-トランプ政権の不透明感で

2017.05.18

17日の米国株は急落。ダウ工業株30種平均の下げは370ドルを超えた。トランプ米政権を巡る問題が世界の金融市場を動揺させる中、投資家の間では6月の米利上げ見通しを再考する動きが広がった。   S&P500種株価指数は1.8%安の235…

詳細を見る

アーカイブ