世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

米雇用者:12月は29万人増、失業率5%で安定-平均時給横ばい

2016.01.11

米国では昨年12月、雇用者数が大幅に伸びた。また10、11月の2カ月分が上方修正され、年間では1999年以降で2番目に多い増加幅となった。 米労働省が8日発表した12月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比29万20…

詳細を見る

2016.01.05

4日の米株式相場は大幅安。S&P500種株価指数は年明け初日としては15年ぶりの悪い成績となった。 中国株の急落を受け、同国の景気減速は世界の経済成長を弱めるとの懸念が再燃した。 中国の製造業購買担当者指数(PMI)が活動縮小を示し…

詳細を見る

米ペップB、アイカーン氏に10億ドル超で身売りへ-買収合戦決着

2015.12.31

米自動車部品販売のペップ・ボーイズは資産家カール・アイカーン氏のアイカーン・エンタープライゼズに10億ドル(約1210億円)強で自社を売却することで合意。 これより先、ブリヂストンはペップ・ボーイズ買収を断念しており、ペップ・ボーイズ…

詳細を見る

「スター・ウォーズ」新作、史上最短で10億ドルの大台突破

2015.12.28

米ウォルト・ディズニー の映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の世界興行収入は公開後12日間で10億ドル(約1200億円)を突破した。史上最短で大台を達成した。 調査会社レントラックが27日発表した資料によれば、オリジナルキャストのハ…

詳細を見る

アメリカ、ジャンク債バブル崩壊懸念 「リーマンショックの再来か?」

12月4日のOPEC総会以降、原油・天然ガス価格の下落が止まらない。 (中略) 米国で急速に広がるジャンク債への懸念 ?原油価格が長期にわたり低迷するとの認識が広がったことで、世界の金融市場は「リスクオフ」(リスクの少な…

詳細を見る

野村:アメリカン・センチュリー株41%取得で合意-約1210億円

2015.12.22

野村ホールディングスは、約10億ドル(約1210億円)を支払って米資産運用大手アメリカン・センチュリー・インベストメンツの株式41%を取得することで合意した。 野村の21日の発表によると、カナダの大手銀行カナディアン・インペリアル・バ…

詳細を見る

米ゴールドマン:日本のM&A助言で裾野拡大へ-小型案件に熱視線

2015.12.18

米ゴールドマン・サックスは日本企業による海外企業の合併・買収(M&A)の助言業務を強化する。 これまで手掛けてきた大型案件だけでなく、比較的小規模の案件にも積極的に取り組む方針だ。 こうしたビジネスの裾野拡大により、2016年はアドバイ…

詳細を見る

米FOMC始まる、金融政策正常化に踏み切るとの見方大勢

2015.12.16

米連邦準備理事会(FRB)は15日、2日間の日程で連邦公開市場委員会(FOMC)を開始した。8年前の金融危機から立ち直り、正常化しつつある米経済を反映し、FRBは今回のFOMCで利上げに踏み切るとの見方が大勢となっている。 FRBは東…

詳細を見る

大型ジャンク債ファンド破綻が示す非流動性資産投資の危険性

米投資会社サード・アベニュー・マネジメント傘下の高利回り(ジャンク社債)ファンドが事実上破綻したことで、時価の把握が困難で市場環境が良好なときでさえも取引しにくい非流動性資産を積み増す危険性が浮き彫りになった。 ミューチュアル・ファン…

詳細を見る

米国株:続落、中国貿易統計の弱さを受け世界経済への不安が再燃

2015.12.09

8日の米国株式相場は続落。 中国経済の弱さを示す新たな統計が発表され、世界経済の成長見通しに対する不安が再燃、米国株は世界的な株安の流れを引き継いだ 中国の貿易統計が弱い内容となったことを受け、エネルギーをはじめとする商品価格を押し下げ…

詳細を見る

アーカイブ