世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

個人資産世界3位のウォーレン・バフェット「市場の先を見通す力」

米アイダホ州にサン・バレーという避暑地がある。普段はごく静かな町が毎年7月のある時期だけは一変する。近隣の空港に何十機ものプライベート・ジェットが駐機し、空港とロッジの間を防弾仕様の高級SUVがせわしなく走り回る。  投資・コンサルテ…

詳細を見る

ウォール街、年初に人気の取引ことごとく裏目-新興国資産が最悪

2018.07.02

熱狂的な上昇期待で始まった今年の相場だが、半年過ぎたところで暴落への不安が頭をもたげてきた。   潮目の変化は多かれ少なかれ2月の株価急落に端を発する。この急落は膨大に積み上がっていたボラティリティー指数(VIX)のショート(売り持ち…

詳細を見る

クレジット市場に変調の兆し 負債に警告

2018.06.26

米国の株式相場が不安定な値動きになるなど、世界的に経済の将来見通しに先行き不透明感が広がっています。米国と中国の貿易摩擦の激化が足元の悪材料ですが、そもそも株高を支えてきた金融緩和ムードが終わりを迎えつつあるのが最大の理由でしょう。実は筆者…

詳細を見る

日本株は本当に米中貿易戦争で崩れるのか 米国の共和党は決して「一枚岩」ではない

2018.06.25

市場はトランプ大統領のハッタリを見抜いている? 先週のマーケットは、「二山」ならぬ「二谷」、つまり市況の下振れが2回あった。ともに主な要因は、通商問題だった。 まず一つめの谷を引き起こした材料は、日本時間で6月19日(火)朝8時半に…

詳細を見る

NYダウ 300ドル以上値上がり 米長期金利上昇で

2018.06.07

6日のニューヨーク株式市場は、アメリカの長期金利が上昇し金融関連の銘柄に買い注文が集まったことなどから、ダウ平均株価は300ドル以上値上がりしました。 6日のニューヨーク株式市場は、アメリカの長期金利が3%に迫る水準に上昇したことで業…

詳細を見る

高ボラティリティー、夏の間も続く-モルガン・スタンレーが予測

イタリアや鉄鋼関税、NAFTAなど政治リスクめじろ押し 過去の栄光にすがってはいけない-。動揺が続いた相場が今夏に回復すると期待している投資家に対し、ウォール街のストラテジストはこのように警告を発した。   西欧や米国で太陽が降り注…

詳細を見る

ソロス氏警告、世界は新たな金融危機に近づいている-EU存続脅かす

ドル相場の急伸と新興市場からの資本逃避は、次の「大規模な」金融危機をもたらす可能性があると、著名投資家のジョージ・ソロス氏が警告。欧州州連合(EU)には「存続の危機」が差し迫っていると警鐘を鳴らした。 ジョージ・ソロス氏写真家:J…

詳細を見る

GS、クレジットカード参入 手数料・金利で20兆円の市場魅力

米銀大手がクレジットカード事業に熱い視線を送っている。米ゴールドマン・サックス・グループが同事業に参入するほか、米ウェルズファーゴは同事業を強化する方針だ。クレジットカード市場の規模は、手数料と金利で1830億ドル(約20兆円)に上るとされ…

詳細を見る

市場「混乱」、米国株に吉兆 JPモルガン、5月買いへの転換促す

2018.05.21

米銀JPモルガン・チェースは、市場の「混乱」は米国株にとって吉兆かもしれないとみている。連動して動く債券と株式、ボラティリティー(変動性)とともに上昇する株価、好調な業績にもかかわらず下落する銘柄、例年なら米国株への資金流入が最も大きい時期…

詳細を見る

たやすくもうかる時代の終わりに備えよ-モルガンSが投資戦略示す

世界の株式はレンジ相場に-イコールウエートに保有縮小を 投資先選びで勝ち組を見つけ出す難しさを目の当たりにしている投資家は今年、下降シフトへのさらなる備えが必要だと、モルガン・スタンレーは指摘した。   アンドルー・シーツ氏ら同社ス…

詳細を見る

アーカイブ