世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

「FRB議長は難題に直面」 サマーズ氏、次の景気後退は長期化

サマーズ元米財務長官は12日までにブルームバーグ・テレビとのインタビューに応じ、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル新議長について「経済を刺激し可能な限り最大の雇用と成長を得たいという正統な意欲と、2%のインフレ率達成を確実にすることの…

詳細を見る

ウォール街が珍しく敗北か、米上院のドット・フランク法見直しで

2018.03.06

米上院は今週、金融規制の抜本的改正を承認する見通しだ。   約10人の民主党議員が支持に回っているほか、共和党が米金融規制改革法(ドッド・フランク法)の大半を現状のまま残す方針であるなど予想外の展開の中、最大の驚きはウォール街の利点に…

詳細を見る

NYダウ 一時500ドル超下落 中国などとの貿易摩擦懸念

2018.03.02

3月2日 4時28分トランプ大統領 1日のニューヨーク株式市場はアメリカのトランプ大統領が鉄鋼とアルミニウムに高い関税を課す意向を明らかにし、中国などとの貿易摩擦が激しくなることへの懸念から売り注文が広がって、ダウ平均株価は一時500…

詳細を見る

ウォーレン・バフェットからのメッセージ 2017年に資産を約7兆円増やした世界最強の投資家が見る世界

2018.02.28

世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏が1年に一度、株主に対して記す書簡が24日に発表された。書簡と言っても、形式的な短い手紙ではない。17ページにびっしりとバフェット氏の思いが詰まっている。 click here  投資会社バーク…

詳細を見る

パウエルFRB議長:米利上げ継続を示唆-最近の株価急落でも

2018.02.14

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル長は13日、最近の株価急落の後を受け、金融システムへの脅威に対する警戒を怠らないとしつつも、緩やかな利上げを継続する方針を表明した。   パウエル議長はワシントンで開かれた就任式典での講演テキス…

詳細を見る

米国株は「今が買い」-波乱を言い当てたモルガンSのストラテジスト

2018.02.13

米株式市場のボラティリティーが2018年に高まるとの予想が的中したモルガン・スタンレーのストラテジスト、マイケル・ウィルソン氏は、打撃の大半は既に生じたとして、株式を買う時が来たと指摘している。 マイケル・ウィルソン氏写真家:Ch…

詳細を見る

米株急落、犯人は機械? 「クオンツ取引」で売り注文が殺到

2018.02.07

5日の米株式相場を急落させたのは、定量分析を用いる「クオンツ取引」のアルゴリズムや売りプログラムなどの“機械”が犯人とする見方が市場関係者らの間に浮上している。人間業とは思えない速いペースで売り注文が殺到したためだ。  米調査会社エバ…

詳細を見る

ニュース 海外ニュース 日本(国内)ニュース 独占ニュース マーケットニュース 経済指標 コラム・特集 マーケット情報 グローバル マーケット概況 株式 債券・金利 外国為替 商品 アジア太平洋 アメリカ 中南米 ヨーロッパ ビデオ・TV ブルームバーグについて Bloomberg (EN) 日本株は大幅続落へ、米金利上昇でリスク回避-時価総額上位中心売り

2018.02.05

5日の東京株式相場は大幅続落する見込み。米国の急激な金利上昇による景気や株式市場への悪影響が懸念され、電機や機械、銀行など時価総額上位をはじめ、鉄鋼や非鉄金属などの素材、海運といった景気敏感業種に幅広く売りが膨らみそう。   東海東京…

詳細を見る

米国が静かに進めている北朝鮮「軍事攻撃」の準備 グアム島に集結する主力爆撃機、日本も心の準備を

2018.01.25

北朝鮮が韓国文在寅政権に対して平昌オリンピック参加を餌に揺さぶりをかけることにより、南北直接対話が開始された。その結果、アメリカ軍による挑発的な軍事圧力や軍事攻撃(予防戦争)は一見して遠のいたかに見える。日本のメディアによる北朝鮮騒ぎも、ひ…

詳細を見る

NY株続伸で最高値更新 政府閉鎖解除見通しで買い安心感

2018.01.23

週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に続伸し、前週末比142・88ドル高の2万6214・60ドルと終値の過去最高を3営業日ぶりに更新した。米政府機関の一部閉鎖が解除される見通しとなり、買い安心感が広がった。 …

詳細を見る

アーカイブ