世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

関東甲信で雪 霧島連山 新燃岳 噴火警戒レベル3を継続 NYダウ 一時200ドル超値上がり FRB利上げペース公表で

2018.03.22

21日のニューヨーク株式市場は、FRB=連邦準備制度理事会による金融引き締めのペースは警戒するほど速くはないという見方から、買い注文が広がりダウ平均株価は、一時、200ドル以上値上がりしました。 21日のニューヨーク株式市場はFRBが…

詳細を見る

世界で最も高報酬のMBA卒業生、出身校トップ20は米国勢が圧倒

世界で最も高報酬の経営学修士(MBA)卒業生を輩出しているのは米国の経営大学院だ。報酬比較サイト、エモルメント・ドット・コムの調査が示した。   この調査によると、卒業生の報酬が高い経営大学院トップ20校のうち11校が米国の大学院だっ…

詳細を見る

ドルが「一番の敗者」に、米国の政治混乱で貿易戦争リスクが増大

トランプ米政権の最近の人事交代劇を受け、米国が世界貿易戦争の口火を切る瞬間が近づいており、そうなれば大幅なドル安を招く可能性がある。少なくとも1人の投資家の目にはそう映っているようだ。   ティラーソン国務長官やコーン国家経済会議(N…

詳細を見る

各国も高い関心や警戒 米国務長官解任

アメリカのティラーソン国務長官が解任されたことについて、中国政府は、これまでのところ公式な反応を示していませんが、中国国営の新華社通信は、「アメリカのトランプ大統領がティラーソン国務長官を解任し、後任にCIAのポンペイオ長官を任命することを…

詳細を見る

「FRB議長は難題に直面」 サマーズ氏、次の景気後退は長期化

サマーズ元米財務長官は12日までにブルームバーグ・テレビとのインタビューに応じ、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル新議長について「経済を刺激し可能な限り最大の雇用と成長を得たいという正統な意欲と、2%のインフレ率達成を確実にすることの…

詳細を見る

ウォール街が珍しく敗北か、米上院のドット・フランク法見直しで

2018.03.06

米上院は今週、金融規制の抜本的改正を承認する見通しだ。   約10人の民主党議員が支持に回っているほか、共和党が米金融規制改革法(ドッド・フランク法)の大半を現状のまま残す方針であるなど予想外の展開の中、最大の驚きはウォール街の利点に…

詳細を見る

NYダウ 一時500ドル超下落 中国などとの貿易摩擦懸念

2018.03.02

3月2日 4時28分トランプ大統領 1日のニューヨーク株式市場はアメリカのトランプ大統領が鉄鋼とアルミニウムに高い関税を課す意向を明らかにし、中国などとの貿易摩擦が激しくなることへの懸念から売り注文が広がって、ダウ平均株価は一時500…

詳細を見る

ウォーレン・バフェットからのメッセージ 2017年に資産を約7兆円増やした世界最強の投資家が見る世界

2018.02.28

世界的な投資家ウォーレン・バフェット氏が1年に一度、株主に対して記す書簡が24日に発表された。書簡と言っても、形式的な短い手紙ではない。17ページにびっしりとバフェット氏の思いが詰まっている。 click here  投資会社バーク…

詳細を見る

パウエルFRB議長:米利上げ継続を示唆-最近の株価急落でも

2018.02.14

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル長は13日、最近の株価急落の後を受け、金融システムへの脅威に対する警戒を怠らないとしつつも、緩やかな利上げを継続する方針を表明した。   パウエル議長はワシントンで開かれた就任式典での講演テキス…

詳細を見る

米国株は「今が買い」-波乱を言い当てたモルガンSのストラテジスト

2018.02.13

米株式市場のボラティリティーが2018年に高まるとの予想が的中したモルガン・スタンレーのストラテジスト、マイケル・ウィルソン氏は、打撃の大半は既に生じたとして、株式を買う時が来たと指摘している。 マイケル・ウィルソン氏写真家:Ch…

詳細を見る

アーカイブ