世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

米株急落、犯人は機械? 「クオンツ取引」で売り注文が殺到

2018.02.07

5日の米株式相場を急落させたのは、定量分析を用いる「クオンツ取引」のアルゴリズムや売りプログラムなどの“機械”が犯人とする見方が市場関係者らの間に浮上している。人間業とは思えない速いペースで売り注文が殺到したためだ。  米調査会社エバ…

詳細を見る

ニュース 海外ニュース 日本(国内)ニュース 独占ニュース マーケットニュース 経済指標 コラム・特集 マーケット情報 グローバル マーケット概況 株式 債券・金利 外国為替 商品 アジア太平洋 アメリカ 中南米 ヨーロッパ ビデオ・TV ブルームバーグについて Bloomberg (EN) 日本株は大幅続落へ、米金利上昇でリスク回避-時価総額上位中心売り

2018.02.05

5日の東京株式相場は大幅続落する見込み。米国の急激な金利上昇による景気や株式市場への悪影響が懸念され、電機や機械、銀行など時価総額上位をはじめ、鉄鋼や非鉄金属などの素材、海運といった景気敏感業種に幅広く売りが膨らみそう。   東海東京…

詳細を見る

米国が静かに進めている北朝鮮「軍事攻撃」の準備 グアム島に集結する主力爆撃機、日本も心の準備を

2018.01.25

北朝鮮が韓国文在寅政権に対して平昌オリンピック参加を餌に揺さぶりをかけることにより、南北直接対話が開始された。その結果、アメリカ軍による挑発的な軍事圧力や軍事攻撃(予防戦争)は一見して遠のいたかに見える。日本のメディアによる北朝鮮騒ぎも、ひ…

詳細を見る

NY株続伸で最高値更新 政府閉鎖解除見通しで買い安心感

2018.01.23

週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に続伸し、前週末比142・88ドル高の2万6214・60ドルと終値の過去最高を3営業日ぶりに更新した。米政府機関の一部閉鎖が解除される見通しとなり、買い安心感が広がった。 …

詳細を見る

トランプ氏、認知機能に問題なし 健診結果発表

2018.01.17

ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領(71)が就任後初めて行った健康診断の結果が16日、完全な形で発表された。診断結果は、トランプ氏は任期終了まで良好な健康状態を維持する見通しで、認知機能の問題もないとしている。  …

詳細を見る

PIMCOとシティ、世界経済についての慢心に警鐘

2018.01.09

米銀シティグループと資産運用大手のパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)が、世界経済の見通しに関する慢心に警鐘を鳴らした。   2018年の最初の1週間には強いデータや株価指数の最高値更新が見られたが、両社はここ数…

詳細を見る

ビル・ゲイツ氏が勧める、誰もが読むべき12冊の科学にまつわる本

2018.01.05

ビル・ゲイツ氏は数十年にわたり、テクノロジーで巨万の富を築いてきた。そして、同氏は今、そのお金を感染症や気候変動対策に使っている。 同氏が科学を愛しているのは、間違いない。 ゲイツ氏はこれまで、何冊もの科学関連の書籍を一般向けに…

詳細を見る

祝賀ムード消えたウォール街、実質増税に落胆-共和党やめるとの声も

2017.12.21

お祝いは中止だ。共和党が主導した米税制改革に期待していたウォール街のトレーダーらは、会計士や専門家と相談した結果、本当に得をするのは桁外れの資産家や不動産投資家であり、金融の前線で闘う自分たちはそこそこ高額所得者ではあるものの、不満を言うし…

詳細を見る

いよいよバブルは「終わりの始まり」なのか 米国ハイイールド市場の不気味な兆候とは?

2017.12.05

足元で米国のハイイールド債の市場に異変が起きている。ハイイールド債とは信用力の低い会社が発行する債券のことである。信用力が低い(=リスクが高い)ために金利が高く設定されており、高利回りを求める投資家に選好されている。 異変とは米国ハイ…

詳細を見る

日本株をガッツリ買っている外国人の「正体」 米国に出張してわかった「2つの深刻な真実」

2017.11.27

11月13日(月)~18日(土)まで、ニューヨークとワシントンD.C.に出張、取材をしてきた。筆者の関心事項は多岐にわたり、取材で得た内容もさまざまだが、日本や米国の証券市場動向では、2つの点が極めて印象的だった。 米国の投資家やアナ…

詳細を見る

アーカイブ