世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

PIMCOへの助言会社、新興市場の強気維持-上昇相場はまだ続く

2017.03.17

新興国市場を「10年に1度の取引」機会だと呼んだ投資家が、新興国資産はまだ上値を伸ばすとみている。 リサーチ・アフィリエイツのクリストファー・ブライトマン最高投資責任者(CIO)は昨年2月にこの発言をしたが、その後新興国資産は大きく上昇し…

詳細を見る

FOMC:0.75-1%に利上げ、年内あと2回追加の予測も変えず

2017.03.16

米連邦公開市場委員会(FOMC)は14、15 両日に定例会合を開き、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25ポイント引き上げ、0.75-1%のレンジに設定した。 声明ではインフレ率が目標に近づいているため警戒を強めていることを示唆…

詳細を見る

米キャタピラー株が急落、本社などを連邦税務・金融当局が捜査

2017.03.03

2日の米株式市場でキャタピラーが8カ月ぶりの大幅な下げとなり、一時は前日比5.8%安まで売り込まれた。 イリノイ州の本社など3施設に連邦税務・金融当局の捜査が入ったことが嫌気された。   イリノイ州中部を管轄する米連邦検察当局のシャ…

詳細を見る

ソフトバンクの企業買収でインサイダー取引か 米証券取引委

2017.03.02

アメリカ証券取引委員会は、通信大手のソフトバンクグループが先月発表した企業買収に絡んで、インサイダー取引が行われた疑いがあるとして、複数の投資家の資産を凍結したことを明らかにしました。 アメリカ証券取引委員会によりますと、ソフトバンク…

詳細を見る

軍事費6兆円増へ トランプ氏「歴史的拡大」 巨額インフラ投資にも言及

2017.02.28

トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスで州知事らと会談し、2018会計年度(17年10月~18年9月)予算案の概要を説明した。 軍事費について「歴史的な拡大となる」とした。米メディアによると、軍事費は17年度の約1割にあたる540億ドル…

詳細を見る

世界を揺さぶるトランプ金融規制緩和の衝撃 リスクマネーの膨張はバブルを招きかねない

2017.02.24

1月20日のトランプ政権誕生から1カ月余りが過ぎた。時間の経過とともに、入国規制の大統領令が裁判所から却下され、フリン大統領補佐官(国家安全保障担当)はロシア大使と就任前に接触したとして、わずか2週間で辞任に追い込まれるなど、たとえ大統領と…

詳細を見る

FOMC議事録:「かなり早期」の利上げも-景気の過熱回避で

2017.02.23

米連邦準備制度理事会(FRB)が22日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、1月31日-2月1日開催)議事録によると、金融政策当局者らは緩やかなペースでの利上げに対する自信を示しつつ、景気が過熱するリスクを回避するため「かなり早期」の利上げ…

詳細を見る

イエレン議長、金融規制改革法批判を一蹴-米銀の安全性高まった

2017.02.15

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は14日、金融危機以降の金融当局によるウォール街の監督を擁護し、銀行の安全性が高まり融資は継続され、収益性も維持していると指摘した。金融規制が経済成長を損なったとするトランプ政権や共和党議員の主張を…

詳細を見る

「1ドル110円、日経平均500円安」の現実味 リスクは10日の日米首脳会談前にもある

2017.02.07

米国のトランプ政権が発足して、早くも2週間ほどが経過した。トランプ大統領は文字通り「有言実行」のスタートダッシュを決めている。就任後の100日間は、俗に「ハネムーン」とも言われ、メディアが厳しい意見を控えるのが暗黙の了解だが、ツイッターでの…

詳細を見る

FOMC:声明は近い利上げの緊急性示唆せず-市場関係者の見方

2017.02.02

米連邦公開市場委員会(FOMC)は1月31日と2月1日に定例会合を開き、政策金利を0.5-0.75%のレンジで維持する一方、ドナルド・トランプ氏の大統領選勝利以降、個人および企業の信頼感が強まっていることを認めた。   これについて市場関…

詳細を見る

アーカイブ