世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

“成功する人”は初対面で何を話すか?

2016.08.01

人間関係を構築するうえで、成功者とそうでない人はどこがどう違うのか。それがわかれば、成功への道のりも見えてくるというものだ。世界中のVIP1000人以上に取材を重ねてきたジャーナリスト・谷本有香さんにお話を聞いた。 なぜブッシュは大統…

詳細を見る

米国債:反落、JPモルガン運用部門は「前代未聞」のリスク指摘 オプション王子のリターンなら毎月の話だが・・・

20日の米国債相場は反落。世界で大量の国債がマイナス利回りになっていることを理由に米国債に資金を振り向ける投資家は、戦略を見直すべきだ、とJPモルガン・アセット・マネジメントは指摘した。   JPモルガンの同資産運用部門のマネジングデ…

詳細を見る

ヘッジファンドのシビラ、日経平均先物ロング有望視-米国株空売りも

2016.06.29

A visitor looks at an electronic stock board at the Tokyo Stock Exchange (TSE), operated by Japan Exchange Group Inc. (JPX), in Tokyo, Japan, on Tuesday, Aug. 25, 2015. Japanese stocks swung between gains and losses amid elevated volumes as investors hunted for bargains after the biggest selloff in more than two years. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

ニューヨークのヘッジファンド会社、シビラ・キャピタル・マネジメントは英国が欧州連合(EU)離脱を選んだことが世界的なリセッション(景気後退)を引き起こし、2、3年以内に信用危機が発生するリスクを高める可能性を「真剣に恐れている」。   「…

詳細を見る

英EU離脱、最も影響を受けるのはJPMとゴールドマンか-KBW

-1x-1

国が欧州連合(EU)を離脱した場合、大手米銀で最も打撃を受けるのはJPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・グループの可能性が高い。 キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズ(KBW)のアナリストが指摘した。 ブライアン・ク…

詳細を見る

米国債:ゴールドマンが売りシグナル-利上げめぐる見方の変化で

2016.05.24

-1x-1

米国債トレーダーらは利上げペースの予想を上方修正する一段の余地があり、それが国債にはリスクになっていると、ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストが指摘している。   ゴールドマンによれば、米国債は年初から3%上昇しており、年…

詳細を見る

ピークからアップル株で損した人の金額を合わせると26.4兆円、エンロンの4倍

2016.05.23

160518APPL_icahn

2013年からずっとアップル株安い~と旗振り役を務めてきたアクティビスト投資家カール・アイカーンが2月に全株売ってたことを4月末にCNBCの生番組で発表し、下がりに下がったアップル株。 2015年2月のピークから数えて、市場の泡と消え…

詳細を見る

ゴールドマン:世界の株式投資判断を引き下げ、現金を推奨

ゴールドマン・サックス・グループも他社に続き株式に関して弱気な見方に傾いている。   クリスチャン・ミュラーグリスマン氏率いるゴールドマンのアナリストは向こう12カ月の世界株式の投資判断を「ニュートラル」に引き下げ、代わりに現金保有を…

詳細を見る

米国株:反落、インフレや住宅市場の指標受け利上げ観測強まる

2016.05.18

-1x-1

17日の米株式相場は反落。午後に入り下げ足を速める展開となった。インフレと住宅市場の指標を受け、金融当局が6月にも利上げを実施するとの観測が強まった。   生活必需品株が安い。クラフト・ハインツはここ半年で最大の下げ。公益株も下落。米国債…

詳細を見る

日銀黒田総裁は金融緩和を実施するのか 今週は日米で重要な金融政策決定会合

2016.04.26

img_e91a88a993e061249fe4411039973fb6160612

日本株がにわかに活況づいている。25日こそひと休みしたが、先週末の一部報道を背景に買いが入り、日経平均株価は1万7000円台を大きく上回ってきた。今週は、ゴールデンウィークという日本の投資家にとっての鬼門を前に、日米の重要な金融政策会合が開…

詳細を見る

ウォール街のひどい四半期、ゴールドマンも免れないもよう

2016.03.18

data

ウォール街の金融機関トップたちがトレーディング収入および助言や引き受け手数料収入の急減について警告を発する中で、これらの業務への依存が最も高いゴールドマン・サックス・グループは沈黙を守っている。 もっとも、同社も不調に見舞われているのは確…

詳細を見る

アーカイブ