世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

日本が最大の米国債保有国に、中国抜く

2016.12.16

中国が人民元相場の支援のため外貨準備を充当する中で、同国の米国債保有残高は約6年ぶりの低水準に減少した。 この結果、日本が最大の米国債保有国となった。 米財務省が15日発表した10月の対米証券投資動向によれば、中国の米国債残高は1兆…

詳細を見る

イエレンFRB議長「4年間の任期全うするつもり」発言は大きなサプライズ

2016.12.15

市場予想通り0.25%利上げ。その後イエレン会見でサプライズ発言 米ドル急伸 FRBは、現地14日(日本時間15日4:00)に、0.25%の利上げを発表。イエレン議長が日本時間4:30からの会見で言っているように、この利上げは米…

詳細を見る

来年の米利上げは2回、FOMC声明控え市場予想

2016.12.14

米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の公表を翌日に控え、米短期金利先物相場は小動き。市場は米連邦準備理事会(FRB)が2017年に2度の利上げを実施すると見込んでいる。 CMEグループのフェドウオッチによると、フェデラルファンド(FF…

詳細を見る

トランプ相場は本物? 雇用統計を見る上でのポイント

2016.12.02

16年12月2日(金)の日本時間22時30分に米国労働省は11月の雇用統計を発表します。大統領選挙後、初の雇用統計発表であり、12月のFOMCでは利上げが予想されていることからも注目を集めそうです。株も為替も“トランプ相場”が活況を迎えるな…

詳細を見る

グロース氏「トランプ強気相場」予想せず-米国を再び偉大になどしない

2016.11.17

ジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンドを運用するビル・グロース氏は、トランプ次期米大統領が米国を再び偉大にすることなどないとの見解を示した。    グロース氏は16日公表した11月の投資コメントで、減税とインフラ…

詳細を見る

米国株:ダウ最高値、ナスダックは急落-トランプ氏勝利で明暗

2016.11.11

10日の米国株式市場はダウ工業株30種平均が3カ月ぶりとなる最高値更新で取引を終了した。ドナルド・トランプ氏による米大統領選勝利を受けて、勝ち組と負け組の線引きが明確になってきた。   この日はダウ平均が上昇した一方で、ナスダック10…

詳細を見る

FBIお墨付きでも安心できず、投資家はトランプ氏の逆転勝利警戒

Donald Trump, 2016 Republican presidential nominee, gestures in from of the Pennsylvania state flag after speaking during a campaign rally in Hershey, Pennsylvania, U.S., on Friday, Nov. 4, 2016. As the U.S. presidential race heads into its final weekend, Trump is showing strength in Iowa and Ohio pre-Election Day voting, while Hillary ClintonÕs advantage in early balloting looks stronger in North Carolina and Nevada. Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

連邦捜査局(FBI)がヒラリー・クリントン氏の電子メール問題について再調査でも犯罪に当たらないとの結論に達した後も、一部の大手機関投資家は米大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利した場合に備えたヘッジを維持している。   ミレニアム・グロ…

詳細を見る

米国株:下落,S&P500は7月来安値-大統領選などで懸念深まる

2016.11.02

1日の米株式市場では、S&P500種株価指数が7月以来の安値に下落。大統領選や金融政策、今後発表される労働市場の指標などをめぐり懸念が深まった。   S&P500種株価指数は前日比0.7%安の2111.72。下落率は10月11日以来最…

詳細を見る

イーロン・マスクの帝国:資金ショートへのカウントダウン

2016.10.28

img_3a97b036ec43128835cc8d2664feb2af96714

シリコンバレーきっての著名起業家、イーロン・マスク氏の財務運営は、同氏肝いりの宇宙ロケットと同じくらい驚異的、革新的にして、「可燃性」が高い。  ハイテク業界の大物のほとんどがそうであるように、イーロン・マスク氏も財務というものを見下…

詳細を見る

「悲惨なアメリカ」を証明した、二つの衝撃レポートの中身

国民総生産(GDP)1600兆円超を維持するアメリカ。中国に抜かれるのは時間の問題と言われながらも、数字上では世界のトップに君臨し続けている。しかし、そのアメリカが、社会的には「後進国」であることを示すレポートが発表され、衝撃が走っている。…

詳細を見る

アーカイブ