世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:アメリカ

トランプ大統領の自動車政策、タイミングを誤る-業界はガス欠寸前

2017.01.26

トランプ米大統領は自動車メーカーに国内製造への投資を要請したが、タイミングを誤った。   米自動車産業は700億ドル(約8兆円)を超える政府救済を受ける前後、痛みを我慢して多数の生産設備を閉鎖せざるを得なかった。これを克服した業界は7年連…

詳細を見る

トランプ大統領誕生後の米国はバブルになる

2017.01.20

いよいよアメリカでトランプ大統領が誕生する。そこで今回は第一生命経済研究所の経済・内外市場、金融市場全般を専門とする首席エコノミスト嶌峰義清さんと、中国・アジア・新興諸国経済などが専門の主席エコノミスト西濵徹さんに、2016年のマーケットの…

詳細を見る

トランプ氏と米金融当局は衝突へ、2桁のドル上昇も

2017.01.17

トランプ次期米大統領と米連邦準備制度との間では衝突が予想されるとともに、双方の政策はほぼ確実にドル高につながるだろうと、著名エコノミスト2人が指摘した。   米ノースウエスタン大学のロバート・J・ゴードン教授は16日にパリで開かれた会…

詳細を見る

トランプ政策、中心は強いドルと国境税の組み合わせか

11日のトランプ次期米大統領の記者会見に世界の市場関係者は失望した。最も知りたかったマクロ経済政策の全貌が不明のままだったからだ。 これまでの発言から、あえてその全体像を描けば、「強い米国」と「強いドル」を標ぼうし、世界から米国にマネ…

詳細を見る

ソロス氏、米大統領選トランプ氏勝利後に10億ドル近く損失

著名投資家のジョージ・ソロス氏は米大統領選挙でのドナルド・トランプ氏勝利を受けた株式相場上昇で10億ドル(約1140億円)近くの損失を被ったと、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。   一方、かつてソロス氏のチーフス…

詳細を見る

モルガンS、株式トレーダーのボーナス原資を最大4%削減

2017.01.06

ウォール街の金融機関で株式トレーディング収入が最も大きい米銀モルガン・スタンレーは、昨年の業績が勢いを失う状況を受けて、株式部門のグローバルのボーナス原資を最大4%削減する。 事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。   関係者らが…

詳細を見る

ユダヤ資金の軍門に下ったトランプ、中東に新たな火種 歴代最高の親イスラエル政権に、エルサレム問題も言いなり

2016.12.27

「トランプ大統領になれば、主流派を支配した軍産が崩壊し、米国に民主主義が戻ってくる」――。  経済格差を背景に噴出した反エスタブリッシュメントの波は、米国に新しい政冶の風を吹かせる、とドナルド・トランプ氏に一票を投じたが、その有権…

詳細を見る

日本が最大の米国債保有国に、中国抜く

2016.12.16

中国が人民元相場の支援のため外貨準備を充当する中で、同国の米国債保有残高は約6年ぶりの低水準に減少した。 この結果、日本が最大の米国債保有国となった。 米財務省が15日発表した10月の対米証券投資動向によれば、中国の米国債残高は1兆…

詳細を見る

イエレンFRB議長「4年間の任期全うするつもり」発言は大きなサプライズ

2016.12.15

市場予想通り0.25%利上げ。その後イエレン会見でサプライズ発言 米ドル急伸 FRBは、現地14日(日本時間15日4:00)に、0.25%の利上げを発表。イエレン議長が日本時間4:30からの会見で言っているように、この利上げは米…

詳細を見る

来年の米利上げは2回、FOMC声明控え市場予想

2016.12.14

米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の公表を翌日に控え、米短期金利先物相場は小動き。市場は米連邦準備理事会(FRB)が2017年に2度の利上げを実施すると見込んでいる。 CMEグループのフェドウオッチによると、フェデラルファンド(FF…

詳細を見る

アーカイブ