世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ニュース

日本株が大きく動き出すのは8月24日以降か

2017.08.16

膠着相場が続いていた日本株市場だったが、北朝鮮と米国との関係悪化に伴う地政学リスクが再燃した。8月15日の日経平均株価の終値は1万9753円と5日ぶりに反発したものの、2カ月に及ぶレンジ相場を下放れ、14日は一時1万9486円まで下落した。…

詳細を見る

運用業者育成で都に提案へ、資金提供も視野-金融ハブ構想でJIAM

「アジア金融ハブ」構想を打ち出している東京都に対し、国際資産運用センター推進機構(JIAM)は、国内外の新興資産運用業者への運用資金提供も含めた育成プログラムを提案する。 東京市場への拠点設立を条件に資産運用業者を支援し、誘致するのが狙い…

詳細を見る

パリバショック10年、世界の債務は史上最高 シドニーのホームレスにみる金融危機の影

2017.08.07

8月1日、金融の超緩和政策の維持を決めたオーストラリア中央銀行。シドニーの中心街にあるその本店前では、ホームレスのテントが軒(のき)を連ねている 。彼らは、必ずしも収入がないわけではない。家賃が高すぎて支払えないためだ。 金融危機後、…

詳細を見る

債券トレーダー、コンピューター取引への恐れ薄れる

2017.08.02

債券トレーダーは年々、社債の電子取引に対する抵抗が薄れている。 グリニッチ・アソシエーツの最新調査で明らかになった。   米欧のトレーダーを対象とした調査によれば、コンピューター取引が自分たちの仕事に対するリスクになるとの回答は、2…

詳細を見る

ビットコイン、あす“分裂”か 国内サービス一時停止、中国大手譲らず

2017.07.31

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」で分裂騒動がくすぶっている。 システムの処理能力改善をめぐり事業者が対立し、7月に規格変更があったが、満足しない一部の事業者が8月1日に新規格を立ち上げる可能性がある。 影響は読めず、国内取引所…

詳細を見る

JA貯金の残高、100兆円突破 1年前倒しで目標達成

2017.07.26

農林中央金庫は25日、全国の農協が金融事業で集めた貯金(JA貯金)の残高が、6月末で100兆4844億円(速報値)になったと発表した。 100兆円超えは初めて。2018年度の達成をめざしていたが、1年前倒しで到達した。 年金受給…

詳細を見る

仙台市長に郡和子氏 “民共共闘”に自公系敗退 安倍政権に痛撃  現在位置:トップ企業情報通信ニュース詳細 自動車情報通信電機メーカーサービス金融経営新商品海外企業中小企業企業リリースフォト 印刷企業のRSS ビットコイン入出金停止 取引所、規格変更に伴う混乱回避

2017.07.24

インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」を扱う国内の主な取引所は23日、コインの受け入れや引き出しを一時停止した。 システムの処理能力向上に関する23日の世界的な規格変更に伴い、取引記録に混乱が生じる恐れが消えておらず、利…

詳細を見る

「賃貸住宅市場が危ない」、日銀が異例の警鐘

2017.07.21

「非常に珍しいことではないか」 賃貸住宅市場に詳しい農林中金総合研究所の古江晋也・主任研究員はそう話す。 古江氏が珍しいと驚くのは、日本銀行が今年1月に公表した「地域経済報告」の記述だ。この中で日銀は「多くの地主等が短期間のうち…

詳細を見る

前代未聞、監査法人が金融庁を提訴したワケ 「処分勧告」は内部文書?金融庁が驚きの説明

2017.07.13

中堅の監査法人アリアのWebサイトには現在、このような文言が公表されている。 「金融庁の公認会計士・監査審査会が、平成29年6月8日に公表した勧告は、大多数の事実誤認に基づく、虚構の不当な文章であり、当監査法人は、司法の場でその事実を…

詳細を見る

金融庁、新規制で「危ない地銀」をあぶり出し 辣腕の森長官、「再編ムリなら淘汰やむなし」

2017.07.10

7月で在任3期目に突入した金融庁の森信親長官。金融改革に辣腕を振るって注目されてきたが、その総仕上げとして、新たな監督手法を導入する。実質的なターゲットは地方銀行だ。 従来の形式的なモニタリング手法を見直し、新たな指標によるチェックや…

詳細を見る

アーカイブ