世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ニュース

ECBスタッフ予想、2017年成長率・インフレ率やや下方修正

欧州中央銀行(ECB)は8日に公表したスタッフ予想で、2017年の成長率、インフレ率見通しをともに若干引き下げた。また、インフレ率は2018年を通してECBの目標を下回る状態が続くとの見通しも示した。 2017年の域内総生産(GDP)…

詳細を見る

「iPhone7」発表目前、中国消費者の多くは冷めた視線

2016.09.08

米アップル(AAPL.O)は7日にスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型機を発表するとみられているが、中国では以前のような発表前の盛り上りは見られない。今回は飛びついて買わず、様子を見る消費者が多そうだ。 短文投稿サイト…

詳細を見る

第2のリーマン・ショックも間近か。欧州金融危機で日本が被る大打撃

確実視されるアメリカの利上げを受け、為替は円安に振れ株価も上昇の動きを見せるなど、ようやく日本にとって好ましい流れとなった観もありますが、「ドル高が欧州の金融危機を招く」と指摘するのはメルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さん。津…

詳細を見る

キャリア 経営 人材育成 こんな人間を出世させると、組織に悲劇が訪れる

2016.09.02

「功ある者には禄を与えよ、徳ある者には地位を与えよ」  西郷隆盛の言葉として引用されるこの言葉であるが、その原典は中国最古の歴史書、「書経」にあると言われている。  この言葉を現代にあてはめれば、「功績のある者にはより高い給…

詳細を見る

日本株は上昇後、嵐に見舞われる危険がある

2016.08.29

市場の注目を一心に集めていた8月26日のジャクソンホールでのイエレンFRB議長の講演は、市場の想定以上に「タカ派」であった。 「労働市場における継続的な底堅い動きや経済、インフレ動向の見通しを踏まえ、フェデラル・ファンド(FF)金利を…

詳細を見る

ヘッジファンドの流血騒ぎ、起死回生の方法探る好機か

ヘッジファンドの7月の解約額が252億ドル(約2兆5300億円)に上った。 一部が閉鎖に追い込まれるような痛い話だが、業界全体の規模を考えれば、どうってことはない。   悪いニュースとしては、流血騒ぎはこれで終わらないということだ。…

詳細を見る

若手FXトレーダーが一気に3億円稼いだ手法

2016.08.24

イケポンさんは、ジャニーズ系の可愛らしさと、女優中谷美紀さんにも似た涼やかさを持ち合わせたイケメン男子だ。芸能界にいてもおかしくない容姿を持つ彼の職業は、「FXトレーダー」。10年間で、投資資金の20万円は3億円を超えるまでに膨らんだ。なぜ…

詳細を見る

膠着した市場が動き出すのは、いつなのか 注目を集める26日のFRBイエレン議長の発言

2016.08.23

日本ではお盆休みの週も終わり、今週から市場に戻ってきた個人投資家も多いだろう。海外市場でも夏季休暇シーズンが終盤になり、そろそろ市場が動き出すころである。今年の夏は昨年の「チャイナショック」のような出来事もなく、大きな混乱もなかった。 …

詳細を見る

米FRB副議長:年内利上げ示唆-経済は金融当局の目標に近づく

米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は21日、米経済が既に金融当局の掲げる目標の達成に近づいており、成長が今後勢いを増すだろうと述べ、2016年中の1回の利上げが依然検討されていることを示唆した。   同副議長はコロラド…

詳細を見る

元ゴールドマンのトレーダー、業界永久追放-SECが処分発表

2016.08.17

ゴールドマン・サックス・グループで住宅ローン担保証券(MBS)を扱っていた元トレーダー、エドウィン・チン氏は顧客に誤った情報を与えて割高な料金を支払わせていたとの問題で、証券業界からの追放が決まった。   米証券取引委員会(SEC)が…

詳細を見る

最近の投稿

アーカイブ