世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ニュース

雲行き怪しい米決算シーズン

今回の米企業決算シーズンは、売上高の数字によって経済全体の空模様が確認されることになりそうだ。ぱっとしない空模様が。そのこと自体よりも興味深いのは、それが金融市場にどう反映されるか、また中国経済の減速が米国経済に大きく影響している兆候が見ら…

詳細を見る

英バークレイズ、次期CEOにステーリー氏の起用を計画

英銀バークレイズは次期最高経営責任者(CEO)として、JPモルガン・チェースで幹部を務めたジェス・ステーリー氏を近く起用する見込みだ。 事情に詳しい関係者1人が明らかにした。 同関係者によると、バークレイズは監督当局にステーリー氏が…

詳細を見る

グロース氏、PIMCOを提訴-追放めぐり数億ドル求める

ビル・グロース氏は米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)と親会社アリアンツを相手取り「数億ドル(数百億円)」を求めて訴えを起こした。 賞与基金からの取り分拡大を望んだPIMCO幹部による「陰謀」により、最高投資責…

詳細を見る

TOPIXが続伸、原油1カ月ぶり高値で資源買われる-空運は軟調

7日の東京株式相場は、TOPIXが続伸して始まった。前日の海外原油市況が1カ月ぶり高値を付けており、過度の業績懸念の後退で鉱業や石油など資源株が高い。為替相場の落ち着きを受け機械や輸送用機器など輸出関連株も堅調。 半面、原油安メリット業種…

詳細を見る

「中国ショック」世界に波及 7~9月期、運用利回り記録的マイナス

2015年7~9月期の世界の金融市場での運用実績が記録的なマイナスになる見通しになった。株式や商品、為替ファンドはいずれもマイナスで、若干プラスの債券もインフレ率で利益が相殺される状況だ。中国市場の混乱が世界に波及した。  世界株の指…

詳細を見る

「老後資金のために投資は必要」という考え方は危険

2015.09.30

最近は「下流老人」や「老後貧乏」など老後生活が不安になるような言葉が増えているように感じます。 さて、そのような話の中で「老後資金のために投資は必要」という声も聞きます。しかし、この考え方危険ではないか。 確かに老後資金を潤沢にする…

詳細を見る

銀行や証券会社の口座がある人は届出が必須!? マイナンバー制が10月から手続き開始で その仕組みと対策術とは?

2015.09.23

ついに動き始めるマイナンバー制度。日本に住むすべての人に個別の番号が割り当てられる。その仕組みはどうなっていて、どう対処すればいいのかをしっかり伝授しよう!  全員に個別の番号配付でフェアで便利に! 通知カードが届いたらやるべきこと…

詳細を見る

国際金融市場の決壊はいつ、何をきっかけに起こるのか

既に利上げはかなり織り込まれた  8月に中国経済の株式市場の下落や原油・コモディティ下落を受けて、国際金融市場のボラティリティ(価格変動率)が高まるにつれ、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げのタイミングが注目されて来た。 実際8…

詳細を見る

P.クルーグマン 金余りが世界経済を撹乱する

8月24日付の米ニューヨーク・タイムズ紙で、著名な経済学者である米プリンストン大学のポール・クルーグマン教授が、世界経済の攪乱の原因は世界的な金余りである、と論じています。  すなわち、8月21日金曜日のニューヨーク株価の暴落の原因は…

詳細を見る

投資の神様ジム・ロジャーズ「金融危機の爆発は近い」「私は日本株をすべて投げ売った」 このまま第二のリーマンショックに突入か?

ジョージ・ソロス氏、ウォーレン・バフェット氏と並ぶ、世界の三大投資家の一人として知られるジム・ロジャーズ氏が中国・南京の金陵ホテルに現れたのは、世界中の株式市場が暴落劇におののいていた8月末のことだった。 ロジャーズ氏は現在72歳だが…

詳細を見る

アーカイブ