世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ニュース

頭がいいのに成功しない人は何が問題なのか

2016.05.04

4月に大学3年生になりました。中学生のころから将来に不安があり、不器用ながらも勉強を続けたため、ある程度の大学(GMARCH)に進学することができました。 しかし、いざ大学生になり、就職について考えると、やりたいことがまったくない自分に気…

詳細を見る

いまさら人に聞けない。金融ビジネスを根底から変える「フィンテック」とは

2016.04.20

カール教授のビジネス集中講義 金融・ファイナンス』(平野敦士カール著、朝日新聞出版)は、実務家、経営コンサルタント、著者、大学教授とさまざまな経験を経てきた著者によるシリーズ最新作。「経営戦略」「ビジネスモデル」「マーケティング」に続く第4…

詳細を見る

「手に職つけて早く働きたかった」 17歳のエンジニア女子高専生・やまし

2016.04.15

エンジニア業界は男性が多い。女性のウェブデザイナーはいても、エンジニアは9割以上が男性という会社がほとんどだろう。そうした中、17歳の女子高専生が都内のIT企業、spice life(東京・渋谷)でアルバイトとして働いているという話が編集部…

詳細を見る

三菱UFJ銀行の「不穏な動き」…巨大金融グループ形成を画策か、業界淘汰に先手

2016.04.11

金融の「休火山地帯」と呼ばれている東海経済圏が次の地域金融機関(地方銀行、第2地方銀行)再編の舞台となるとの見方が急浮上している。  マイナス金利の導入で、まったくといっていいほど動きのなかった東海地区が火薬庫になったというのだ。トヨ…

詳細を見る

年金を預かるGPIFトップの書かれざる経歴

日本国民の年金資産約140兆円を運用する世界最大の“投資家”、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)。4月1日、新理事長に就任したのが農林中央金庫(農中)の元専務理事だった高橋則広氏(58)だ。  GPIFの理事長は、06年の発足…

詳細を見る

話題騒然「パナマ文書」の一体何がヤバイのか 今後さらに新情報が出てくる可能性も

2016.04.07

――パナマ文書とは何か? パナマ文書に記されている案件は総計1150万件。デジタルデータとしては2.6テラバイト(テラは1兆)に達する。オフショアの法律事務所としては世界第4位の規模とされるパナマのモサック・フォンセカの記録を、匿名の…

詳細を見る

LINE 関東財務局が立ち入り検査

2016.04.06

ゲームの「鍵」、通貨の疑い  無料通信アプリ大手「LINE(ライン)」(東京都渋谷区)が運営するスマートフォン用ゲームで使う一部のアイテム(道具)が資金決済法で規制されるゲーム上の「通貨」に当たると社内で指摘があったのに、同社は仕様を…

詳細を見る

世界のエリート層の資金運用 資料で実態明らかに

ロシアのプーチン大統領周辺やアイスランドのグンロイグソン首相など、各国のエリート層が租税回避地を使って秘密裡に資金運用をする実態が、パナマの法律事務所の資料で明らかになった。 法律事務所「モサック・フォンセカ」の資料約1100万件を国…

詳細を見る

資産運用会社フィデリティ「最も有望な投資先は日本」

世界的な資産運用会社フィデリティ・インターナショナルは29日、自社のアジア・欧州地域の株式・債券アナリスト177人を対象に投資有望地域・業種を調査した結果として、今年は日本と欧州が最も有望な投資先になると予想した。  フィデリティのア…

詳細を見る

「年収1,000万円ビンボー」急増中

2016.03.29

「お金持ちかどうか」を示す基準のひとつに年収があります。年収1,000万円もあれば、給与所得者の上位4%程度となり、高所得者と言えるでしょう。しかし、年収だけを見てお金持ちと言えるかというと、決してそうではありません。(『バリュー株投資家の…

詳細を見る

アーカイブ