世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ニュース

米FRB副議長、シャドーバンク規制案を提示 日本とは真逆の国民性

米連邦準備理事会(FRB)のフィッシャー副議長は30日、銀行以外の金融部門の融資リスクを抑制するため、健全性審査(ストレステスト)の実施や一定の資本規制を課す案を示した。 副議長は当地での講演で、ヘッジファンドやミューチュアルファンド…

詳細を見る

ロシアへの投資はありか、なしか

ロシアに対する欧米の制裁については、今さら多くを語るまでもあるまい。 欧州とロシアの貿易は停滞し、信頼関係は喪失したに等しい。 一方、中国と韓国が欧州の輸出を支え、ロシアと中国と韓国との貿易も増加傾向。 つまり、日本が米国に気兼ねして…

詳細を見る

1人当たり売上高 1位は15億円超、1億円以上稼ぐ会社は多数

2015.03.25

その名のとおり、それぞれの企業の直近本決算における売上高を従業員数で割って算出した数値で、5年前との増減比率や全体の売上高、営業損益、平均年収も併載した。従業員数には一般的に派遣やパート、アルバイトなどの非正規社員(臨時従業員)が含まれてい…

詳細を見る

金融庁が地銀へのリスクマネー供給状態をチェックへ それならメガバンクで新規法人の口座開設くらいさせるのが先だろう

2015.03.22

金融庁が、地銀への圧力を強めるようだ。 地域経済の活性化につなげるという趣旨のもと、地銀が地域の企業にきちんとリスクマネーを供給しているかどうかを点検し始めるというのだ。 金融庁が銀行の「不良債権」を検査するのはわかる。しかし、リス…

詳細を見る

国税庁がユニバーサルを調査、カジノ計画の資金

2015.03.20

国税庁が、パチスロ機大手ユニバーサルエンターテインメント が2010年にフィリピンのゲーム規制当局の関係者に支払った4000万ドルの税務処理について、調査を始めた。 複数の関係筋がメディアの取材に対して答えている。 …

詳細を見る

日米の「金融政策決定会合」からわかること

FOMC(米連邦公開市場委員会)が終了した。声明では、利上げに「忍耐強くなれる」との文言が削除されたが、今週開催された日米二つの金融政策決定会合を見るにつけ、イエレンFRB議長と日銀黒田総裁の違いが、改めて浮き彫りになったといえる。今回のコ…

詳細を見る

相続争い(争族)とオレオレ詐欺、日本の特徴?という面白い記事

2015.03.18

昨日見つけた面白い記事。 沢利之という方が書かれたものだがなかなか的を得ていると思う。 飛躍しすぎかもしれないが・・・・という本人の控えめな発言もあるが私は全く飛躍しているようには感じない。 皆さんはどう感じるだろう…

詳細を見る

スクエアにみるスマホ決済事業の未来

2015.03.13

スクエアとは、いったい何の会社なのか。 設立6年になる同社が当初から手掛けている事業は、スマートフォンやタブレットに接続できる、小型で真四角のクレジットカードリーダーを提供することだ。この装置を使えば、小さな商店や会社でもクレジットカ…

詳細を見る

過ちは必ず繰り返される リーマンショックの再来 ババを引くのは誰か

もっとも悪いことをして一番早くガス抜きをしたために世界経済のけん引役となった米国経済を、再びリーマンショックの悪夢が襲追うとしている。 今、専門家の間で米国経済のリスクとしてにわかに注目を集め始めているのが、自動車を担保にしたサブプラ…

詳細を見る

ベインキャピタルによる大江戸温泉村買収は成功するか。

米大手投資ファンド「ベインキャピタル」がお台場の「お台場大江戸温泉物語」を筆頭に全国29か所で温泉旅館や温泉施設を運営する大江戸温泉ホールディングスの全株式を取得したと発表した。 負債を含む買収総額は約500億円に上る。 オープン当…

詳細を見る

アーカイブ