世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ニュース

ビットコインなど仮想通貨取引、MiFID2適用対象

2018.02.23

仮想通貨取引に対し、フランスの市場規制当局は厳しい規則の対象になると判断した。   フランス金融市場庁(AMF)は、仮装通貨デリバティブのオンライン取引プラットフォームに対し、欧州連合(EU)の第2次金融商品市場指令(MiFID2)の…

詳細を見る

投資家ロジャーズ氏、債務膨張を懸念 「次の弱気相場は人生最悪」

2018.02.22

著名投資家のジム・ロジャーズ氏は、このほどブルームバーグとのインタビューに応じ、株式の次の弱気相場について、「これまでのいかなる下降局面よりも深刻なものになる」との見方を示した。  ロジャーズ氏は「金融危機以降、グローバル経済の債務が…

詳細を見る

「30歳目前の銀行員」が転職を決めた真の理由 マイナス金利やAIのせいだけではない

2018.02.21

年収200万円ダウン――。 採用内定時の給与提示を見ても、田島泰雄さん(仮名)の転職意思は揺るがなかった。「目先の給与よりも、将来の目標に近づくことが大事。もうすぐ30代を迎える。このまま行くと職位も上がり、引き返すことが難しくなりそ…

詳細を見る

せっせと預貯金する人へ 投資との差はあまりに大きい

2018.02.20

さわかみあつと 1973年ジュネーブ大学付属国際問題研究所国際経済学修士課程履修。ピクテ・ジャパン代表取締役を務めた後、96年あえてサラリーマン世帯を顧客対象とする、さわかみ投資顧問(現さわかみ投信)を設立(撮影:大沼正彦)  若い人…

詳細を見る

荒れた天気 各地の様子 仮想通貨業界 信用向上へ新団体設立で調整

2018.02.19

「コインチェック」から巨額の仮想通貨が流出した問題を受けて、交換会社などでつくる2つの業界団体は、ことし4月をめどに統合する方向で調整を進めていて、今後セキュリティー対策の基準を自主的に整備するなどして、仮想通貨への信用を高めていきたいとし…

詳細を見る

「2月暴落」が的中!経済物理学で「次」を予想 モデルが示す日経平均株価の臨界点

2018.02.16

株価などの金融資産の価格が割高か割安かといったバリュエーションに関する指標は多数あるが、市場においていつ価格が調整されるのかを言い当てることは難しい。 この連載の過去記事はこちら 筆者はそのひとつのツールとして経済物理学を用いた…

詳細を見る

仕事を「爆速で終える人」は何をしているのか 「ちょっとだけやってみる」で劇的に速くなる

2018.02.15

今年度も残すところ1カ月半。そろそろ、4月から新しく管理職になる内示を受けた人もいるかもしれません。ですが、「管理職1年目」には失敗がつきものです。特に、プレイングマネジャーの場合、部下を管理しながら自らの成果も求められるため、仕事量が急激…

詳細を見る

医師が明かす ストレスに強い人、弱い人の決定的違い

2018.02.08

長時間労働などの働き方が問題視されるようになり、「働き方改革」に取り組む企業が増えているが、ストレスから心を病む労働者は今も絶えない。その中でも、厳しい労働環境でもストレスに打ち勝つ人とそうでない人がいる。その違いはどこにあるのだろうか。5…

詳細を見る

ビットコイン暴落でも冷めない日本人の熱気 チャンスにかける個人投資家と取引所

2018.01.22

仮想通貨の代表格・ビットコインの値動きが激しい。1月16日、それまで170万円台だったビットコイン(BTC)価格は、一夜明けると105万円まで下落した。昨年後半の急騰で12月中旬につけた220万円台から、わずか1日で半値となった(価格は取引…

詳細を見る

モルガン・スタンレーもビットコイン先物の決済手掛ける

米モルガン・スタンレー は大手の機関投資家顧客のためのビットコイン先物決済を手掛けており、そのほかの方法で仮想通貨に関わる方法を考えるため定期的に経営陣の会合を開くと ジョナサン・プルーザン最高財務責任者(CFO)が述べた。   プル…

詳細を見る

アーカイブ