世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ニュース

HOME 政治・経済 山田厚史の「世界かわら版」 日本郵政4000億損失、元凶はまたも元東芝・西室泰三氏 2017.4.27 日本郵政4000億損失、元凶はまたも元東芝・西室泰三氏

2017.04.27

 日本郵政は豪州の物流会社トール・ホールディングの資産を洗い直し、4003億円の損失(減損処理)を明らかにした。鳴り物入りの「戦略的買収」は、わずか2年で財務を揺るがす「お荷物」と化し、日本郵政の2017年3月期決算は赤字に転落する。 …

詳細を見る

「6回目のジンクス」に向かう世界経済

2017.04.19

金融市場に40年近く従事してきた実務家として、日米欧の政策金利の引き上げの連動について「5回のジンクス」議論を過去10年以上にわたって行ってきた。米国がまず動き、欧州が続いて、日本は最後になり、日本銀行が利上げした翌年は、世界経済が同時に減…

詳細を見る

「北朝鮮3つの切り札」が鍵を握る半島有事恐怖のシナリオ

2017.04.18

4月15日から16日にかけ、米原子力空母カールビンソンと、空母を中心とした打撃群が朝鮮半島近海に間もなく姿を現す。豪州に向かう予定を変更しての行動。誘導ミサイル駆逐艦ステレットを含む水上戦闘群も合流するとされる。米韓関係筋によれば、北朝鮮が…

詳細を見る

ミサイル接近なら、その時この音が鳴り響く 覚えておきたい「国民保護サイレン

2017.04.14

北朝鮮情勢の緊迫が続く。繰り返されるミサイル発射実験に、米トランプ政権は強硬姿勢を強め、韓国では「(2017年)4月27日に空爆があるらしい」といった噂が乱れ飛ぶなど危機感が高まっている。日本にとっても他人事ではない。 もし万が…

詳細を見る

北朝鮮、外国人記者らに「重大なイベント」に備えるよう通知

2017.04.13

- 北朝鮮の当局者は13日、同国で取材中の外国人ジャーナリストに対し、「大規模かつ重要なイベント」に備えるよう伝えた。 当局者は「イベント」の内容や場所について詳細を明らかにしておらず、北朝鮮の核開発プログラムを巡る緊張の高まりに直…

詳細を見る

宇宙の姿が変わる!私たちはすごい時代を生きている 重力波にヒッグス粒子、少しずつ分かってきた宇宙の秘密

2017.03.27

筆者がJBpressを介して皆様にこうして記事をお届けするようになって1年経ちました。1年の間には、X線天文衛星「ひとみ」に悲劇的な事故が起きたり、113番元素がニホニウムと命名されたり、熱力学・統計力学の新たな法則が発見されるなどなど、驚…

詳細を見る

FOLLOW THE MONEY —— 日本人がカジノに反対する理由が、外国人投資家にはさっぱりわからないワケ

2017.03.21

「IR(統合型リゾート)法はカジノを広めることが目的ではありません。もちろんカジノも含みますが、それは一部。全国に何百カ所もできるわけではなく、10カ所以下を想定しています」。こう語るのは自民党・筆頭副幹事長で総裁特別補佐の西村康稔・衆議院…

詳細を見る

東芝株、きょうから監理銘柄 上場廃止の恐れ

東京証券取引所は14日、東芝株を上場廃止となる恐れがある「監理銘柄(審査中)」に15日から指定すると発表した。 東芝株は、内部管理体制に不備があるとして2015年9月に東証から「特設注意市場銘柄」に指定され、15日で1年6カ月が経過する。…

詳細を見る

二流の経営者と一流の経営者は何が違うのか 勝ち残る企業を決める原点は「経営者」

2017.03.10

勝ち残る企業を創る鍵は「黄金のループ」にある。黄金のループとは、(1)「経営者品質」、(2)「社員品質」、(3)「商品・サービス品質」、(4)「顧客・社会満足品質」、(5)「業績品質」、(6)「株主満足品質」であり、この6つの要素がステップ…

詳細を見る

池上彰も驚く、佐藤優の「dマガジン」活用法 「興味や視野がぐんと広がる!」スゴい使い方

2017.03.09

あらゆるニュースをわかりやすく「解説」することで国民的な注目を集めている池上彰氏。世界情勢から政治・経済・宗教まで誰にもマネできない鋭い「分析」を出しつづけている佐藤優氏。 2人が膨大な知識を蓄積し、世の中を読み解きつづけられる「知の源泉…

詳細を見る

アーカイブ