世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ニュース

「トランプ相場」にも喜べない証券会社の事情 個人は”売り”、株価を押し上げたのは誰?

2016.12.06

トランプ相場に沸いた、11月の株式市場。1万7380円でスタートした日経平均株価は、11月9日の「トランプ・ショック」で一時1万6111円まで突っ込んだものの、トランプ氏の掲げる財政拡大政策が注目されると上昇に転じ、12月1日には1万874…

詳細を見る

ハーバード大学教授が述べる「頭が良い人」に共通する7つの特徴

2016.12.05

「頭の良い人との会話はどんな感じでしょうか?」これは、ユニークな洞察力を持つ人物が質問に回答する情報共有ネットワーク『Quora』に掲載された質問です。 ハーバードビジネススクール技術運用・管理部門のShane Greenstein教授…

詳細を見る

プロの意見分かれるトランプバブル、億り人は「仕込み時」

2016.11.30

kabuka-image

“トランプバブル”に沸く日本株市場だが、市場関係者たちが「爆騰Xデー」として注目する日が、トランプ氏が大統領に就任する、「2017年1月20日」である。本誌・週刊ポストが経済のプロ15人に「1.20」の日経平均株価の予想を聞いたところ、その…

詳細を見る

大前研一「入試なし。猫も杓子も大学、の逆を行くドイツ式教育」

img_09c3cf7171751e7a33b8043889ced56c198469

今、日本の「教育」が行き詰まっている。日本の高度成長を支えた、「正解」をいかに早く覚え、再現するかという従来の教育は、「答えのない時代」を迎えた今、うまくいかなくなった。日本の国際競争力を高める人材を育成する上で、障害となっているものは何か…

詳細を見る

社会保険に正しく加入しなければ、最後に損をするのは社員である理由

2016.11.25

記事 シェアーズカフェ・オンライン2016年11月24日 05:00社会保険に正しく加入しなければ、最後に損をするのは社員である理由 - 榊 裕葵(社会保険労務士) 一部の個人事業主を除き、事業主は正社員および正社員の…

詳細を見る

日本のトップ1%の平均年収は約2100万

2016.11.24

位1%のお金持ちと言われても、なかなかピンときません。日本では具体的にどのような人たちが該当するのでしょうか。 上位1%の超富裕層と聞くと、プライベート・ジェットに乗っているような大富豪を想像するかもしれません。米国など諸外国の場合に…

詳細を見る

ニッセイ外国株式インデックスファンドが一発やらかしたようです

ニッセイアセットマネジメントが、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの運用でやらかしたようです。 私も投資している「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」ですが、2016年11月15日に…

詳細を見る

日本経済、トランプの政策で「好循環が逆回転」のシナリオ

2016.11.14

「まさか」のトランプ新大統領の誕生に、直後の日本株は下落で反応した。円高による企業の業績悪化も警戒される中、市場の目は、新たなリスクを見極める段階に移り始めた。 「先進国の政策への信頼性がこれほど疑われた局面は過去になかった」。三井…

詳細を見る

ディーラー緊迫…“トランプショック”で激震 日本に逆風 円高ドル安拭えず

2016.11.10

eca1611100500002-f1

米大統領選で共和党候補のトランプ氏が勝利する大番狂わせで、世界の金融市場に激震が走った。9日の東京市場では投資家がリスク回避に傾き、日経平均株価が一時1000円超の急落となり、円相場は一時1ドル=101円台まで急騰するなど、6月の英国民投票…

詳細を見る

投資の神様ウォーレン・バフェットが挙げる「21冊の必読書」

2016.11.09

世界でも有数の投資家・資産家であり、世界最大の投資持株会社、バークシャー・ハサウェイの筆頭株主で同社の会長兼CEOを務めるウォーレン・バフェット氏は読書家としても知られています。かつては1日に1000ページを読むこともあり、成功を収めた現在…

詳細を見る

アーカイブ