世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ファンド&投資信託

アインホーン氏が金相場で痛手、グリーンライトの株価大幅安

資産家デービッド・アインホーン氏は金市場の予測を誤ったことで痛手を受けている。 アインホーン氏率いる再保険会社グリーンライト・キャピタルの主力ヘッジファンドは年初来の運用成績が落ち込んでいるほか、同再保険会社の株価は今年に入って7月2…

詳細を見る

村上世彰氏の長女が投資会社CEOに

かつて「村上ファンド」を率いて、「モノ言う株主」として脚光を浴び、その後証券取引法違反(インサイダー取引)で有罪判決を受けて投資の世界から身を退いた村上世彰氏(55)が再び動き出した。  今年6月、旧村上ファンド関係者が運営する投資会…

詳細を見る

毎月分配型投信のひどすぎる手口

「毎月分配型」と称される投資信託は、その名の通り毎月決算を行って分配金を支払う仕組みに特色がある。 1997年に設定された国際投信投資顧問の通称「グロソブ」ことグローバル・ソブリン・オープンがこのジャンルの開拓者であり、同ファンドは、一時…

詳細を見る

日経225オプション アシュラトレード なんとアッという間にリカバリー 7月だけで+700万超!!

日経225オプション取引のマニュアルを監修しているsinさんと4月の末に初めてお会いして以来、ファンドの組成や管理の仕方などを私なりにいろいろ勉強しているところだ。 既にsinさんに運用を担当してもらえるように組成したファンドは運用開…

詳細を見る

GPIF:収益率は過去最高の12.27%

世界最大の年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF )の2014年度運用成績は、収益率と収益額がともに過去最高を記録した。 国内外の株高や円安の進行がリスク資産を増やした運用に追い風となった。 GPIFが10日午後に公表し…

詳細を見る

米国内の株式ファンドから15億ドル流出

米投資信託協会(ICI)が1日公表したデータによると、6月24日までの1週間で米国内に拠点を置く株式ファンドは15億ドルの流出となり、流出額は過去6週間で最大となった。流出は3週間ぶり。 ギリシャ交渉をめぐる不透明感などが影を落とした…

詳細を見る

新興国株式ファンドからの資金流出額、過去最高の1.1兆円

新興国株式に投資するファンドからの資金流出額が週間ベースで過去最高に達した。 金利上昇に加え、MSCIが中国の人民元建て株式(A株)の新興市場指数への組み入れを見送ったことが影響した。 バークレイズがEPFRグローバルのデータを…

詳細を見る

資産残高100兆円「投資信託」

投資信託への資金流入が凄まじい。初の資産残高100兆円達成が確実視されているのだ。 「日経平均は2万円を超え、年内に2万3000円という声も高まっています。銀行に預金しても、金利はほぼゼロなので、少しでも増やすために投信に資金が向かっ…

詳細を見る

アクティブファンドがETFに投資 本末転倒も甚だしい

かなかインデックスに勝てない米国のアクティブファンドが、何を血迷ったかETF投資を始めたそうです。 パッシブ運用型ファンドに対して連戦連敗の米アクティブ運用型株式ファンドが、勝てないなら敵を飲み込んでしまえとばかり、相次いで上場投資信…

詳細を見る

ヘッジファンドが模索、次の「世紀の空売り」はいずこに

ヘッジファンドは次に空売りすべき通貨を求めて世界を見回している。 ドル上昇を見込む取引で利益を上げる機会はそろそろ終わりとみているからだと、ヘッジファンドに投資する運用者が語った。 約95億ドル(約1兆1500億円)のヘッジファンド…

詳細を見る

アーカイブ