世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ファンド&投資信託

投資信託の運用手数料は「お布施」と同じでいいのか

投資信託の運用手数料は「お布施」と同じでいいのか 議論がかみ合わない 投信会社社長VS大学教授  先週末、筆者は風変わりな勉強会で話を聞いていた。ゲスト登壇者は、ある独立系投資信託運用会社の社長さんと、経済学が専門で資産運用に…

詳細を見る

ヘッジファンド運用者のオデイ氏、「孤独」感じる-弱気な見方で

ヘッジファンド運用者のクリスピン・オデイ氏は、経済成長に対して弱気な見方を持っていることで「孤独」を感じていると明らかにした。 同氏の主力ヘッジファンドは昨年、資産価格の下落予想が裏目に出たことでリターンが50%近いマイナスとなった。 …

詳細を見る

ヘッジファンド名前に潜む警告サイン-「権威」や「経済学」にご用心

ヘッジファンドの名称に使われる言葉が、投資家にとって警告のサインである場合もある。   ヘッジファンドは権威や安定、パワーを反映する言葉、すなわち重厚さを備えた語句をネーミングの際に選ぶことが多い。 ニューヨーク州立大学バッファロー…

詳細を見る

ヘッジファンド、マクロの成績振るわず-トランプ時代への期待先行

2017年はマクロ戦略ヘッジファンドが輝く年と考えられている。しかしこれまでのところ、そうでもない。   年初の2カ月の成績は素晴らしいとは言い難い。ヘッジファンド・リサーチによれば、マクロファンドの2月末までの成績はプラス0.3%。…

詳細を見る

株一斉売りに身構えるヘッジファンド、バリュエーションが危険水域

米株の時価総額は今年に入り1兆5000億ドル(約171兆円)増大した。しかしヘッジファンドは先行きを警戒している。   2017年の売買動向を見ると、運用者らは上昇を見込むポジションを積み上げなくなった。 クレディ・スイス・グループ…

詳細を見る

逃げる案件追わず、バフェット氏が学んだテッド・ウィリアムズの知恵

数々の大型案件をとりまとめてきたウォーレン・バフェット氏。同氏の考え方は、多くのビジネスマンや投資家にとって飽くなき研究の対象となっている。しかしそんなバフェット氏でも常に思い通り、というわけではない。このことについても、同氏には共有したい…

詳細を見る

株取引に「人間の感情」は邪魔 100%AI任せのヘッジファンド誕生 (1/3ページ)

コンピューター科学者でアップルの音声アシスタント「Siri(シリ)」の基盤づくりにも寄与したババク・ホジャット氏は、株取引で人間は感情的であり過ぎると確信している。このため、100%人工知能(AI)に任せる新興ヘッジファンドを始めた。 …

詳細を見る

ヘッジファンド内部抗争、直感信じる守旧派とデータ魔術師のクオンツ

ヘッジファンドはクオンツ投資でリターンを高めるため、ビッグデータを扱う科学者やプログラマーを採用している。 しかし、昔ながらの運用者とデータに基づいて取引するクオンツ運用者の融合は容易ではないことを感じつつある。   自分の直感…

詳細を見る

ヘッジファンドのリターンに失望、テキサスの大学基金が資金引き揚げ

テキサス州の公立大学の寄付基金を運用するテキサス大学投資管理会社(UTIMCO)はマルチストラテジーとイベントドリブン戦略のヘッジファンドから一部の資金を引き揚げた。リターンに失望し、エクスポージャー縮小を決めた。   テキサス大学とテキ…

詳細を見る

クレディSや野村がヘッジファンドに融資-複雑な商品への投資後押し

銀行が融資に関するリスクへのエクスポージャーを減らすための複雑な取引が、一部の大手投資銀行にとってのビジネス機会になっている。一方、新たなシステミックリスクの火種になることを懸念する声もある。   野村ホールディングスやクレディ・スイ…

詳細を見る

アーカイブ