世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ファンド&投資信託

天才数学者たちが率いる謎のヘッジファンド、「ツー・シグマ」の正体

数学は森羅万象を記述するための言語」。偉大な科学者・ガリレオは数学をこう表現した。現代では「神の言葉」を理解するほど、莫大な資産を生み出せる。 1986年、ポーランドで開かれた第7回国際数学オリンピックで銀メダルを獲得した16歳のジョ…

詳細を見る

1年で45%下げた世界最悪の株式市場-MSCI組み入れ是非の決断へ

MSCIは香港時間15日早朝に決定を発表 上海総合指数は昨年の定期見直し前は7年ぶり高値を付けていた 株価指数に連動して投資する市場参加者は間もなく、世界で最もパフォーマンスの悪い株式市場の銘柄を購入し始めざるを得ないのかを知ること…

詳細を見る

ソロス氏の弱気トレード成功させる6イベント-エラリアン

米紙ウォールストリート・ジャーナルが先週報じたところによると、著名投資家のジョージ・ソロス氏はトレーディングに復帰し、リスク資産の大幅な下落を見込んだポジションを組んでいる。   しかしこうした取引が成功するにはタイミングが最も重要だ…

詳細を見る

グロース氏:10兆ドルのマイナス利回り債は「超新星」、いずれ爆発

米ジャナス・キャピタル・グループのビル・グロース氏は、数兆ドルもの資金を債券に投じマイナス金利を生じさせている各国中央銀行の政策は、いずれ裏目に出て深刻な事態を招くと警告した。 同氏は「ジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボン…

詳細を見る

72歳ファンドマネジャー、内需一徹日本株に勝つ-設定来上昇率400%

半世紀近くにわたり日本株を運用する72歳の現役ファンドマネジャーのこだわりは長期視点、内需成長株への集中投資だ。英国時代に身に付けた投資哲学を頑なに守り、スタートから20年目を迎えた運用ファンドの設定来上昇率はプラス400%超と、同期間にマ…

詳細を見る

女性トレーダー台頭、男性優位の為替業界に一石 切り崩しに奮闘

男性優位の為替トレーディングの世界で、女性トレーダーが台頭している。同業界で出世を遂げた数少ない女性たちは、ウォール街の「ボーイズクラブ(男社会)」の文化を切り崩そうと奮闘している。  ペッグ・リード氏は1980年代にウォール街で為替…

詳細を見る

なぜバフェットは投資で高収益を達成し続けられる?なぜノウハウ公開でも他の人は失敗?

これまで本連載ではROEを中心にファイナンス理論について紹介してきましたが、今回は2月末に公表された世界一の投資家であるウォーレン・バフェットからの手紙を紹介します。バフェットは毎年2月末に会長を務めるコングロマリット企業バークシャー・ハザ…

詳細を見る

ビル・グロース氏がクレジットをショート、「最後の審判日」に備え

債券取引で地位と財産を築いたビル・グロース氏は、投資家としての自身の直感と受けた訓練に反しているとしながらも、クレジットのショートを試みている。   13億ドル(約1430億円)規模のジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボンド…

詳細を見る

有力投資家のアイカーン氏、ロングポジションからショートポジションに切り替え

有力投資家のCarl Icahn(カール・アイカーン)氏が、これまのロングポジションからショートポジション(カラ売り)にポジションの切り替えを行っていたことが10日、Fortune誌の報道で明らかとなった。 ロングポジションの場合、株…

詳細を見る

ヘッジファンド業界人の没落、トップ1%ほぼ確実から失業予備軍に

ダグ・ディラード氏はトップ1%の金持ちになることがほぼ確実な道を歩んできた。 良い大学(ジョージタウン大学)、投資銀行(モルガン・スタンレー)、経営大学院(ハーバード)、ヘッジファンド。 大学院を出てから10年後、同氏は数十億ドル規…

詳細を見る

アーカイブ