世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ファンド&投資信託

女性トレーダー台頭、男性優位の為替業界に一石 切り崩しに奮闘

mcb1606060500009-n1

男性優位の為替トレーディングの世界で、女性トレーダーが台頭している。同業界で出世を遂げた数少ない女性たちは、ウォール街の「ボーイズクラブ(男社会)」の文化を切り崩そうと奮闘している。  ペッグ・リード氏は1980年代にウォール街で為替…

詳細を見る

なぜバフェットは投資で高収益を達成し続けられる?なぜノウハウ公開でも他の人は失敗?

これまで本連載ではROEを中心にファイナンス理論について紹介してきましたが、今回は2月末に公表された世界一の投資家であるウォーレン・バフェットからの手紙を紹介します。バフェットは毎年2月末に会長を務めるコングロマリット企業バークシャー・ハザ…

詳細を見る

ビル・グロース氏がクレジットをショート、「最後の審判日」に備え

債券取引で地位と財産を築いたビル・グロース氏は、投資家としての自身の直感と受けた訓練に反しているとしながらも、クレジットのショートを試みている。   13億ドル(約1430億円)規模のジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボンド…

詳細を見る

有力投資家のアイカーン氏、ロングポジションからショートポジションに切り替え

201605112311040000w

有力投資家のCarl Icahn(カール・アイカーン)氏が、これまのロングポジションからショートポジション(カラ売り)にポジションの切り替えを行っていたことが10日、Fortune誌の報道で明らかとなった。 ロングポジションの場合、株…

詳細を見る

ヘッジファンド業界人の没落、トップ1%ほぼ確実から失業予備軍に

ダグ・ディラード氏はトップ1%の金持ちになることがほぼ確実な道を歩んできた。 良い大学(ジョージタウン大学)、投資銀行(モルガン・スタンレー)、経営大学院(ハーバード)、ヘッジファンド。 大学院を出てから10年後、同氏は数十億ドル規…

詳細を見る

著名投資家バフェット氏、またもやインデックスファンドをすすめる。今年は比較グラフまで登場!

buffet

今年は比較グラフまで登場!米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が、自らが率いるバークシャー・ハサウェイの年次株主総会で、今年もまた、低コストなインデックスファンドをすすめる一幕があったそうです。 バフェット氏は「恐らく世界で最も重…

詳細を見る

年金を預かるGPIFトップの書かれざる経歴

日本国民の年金資産約140兆円を運用する世界最大の“投資家”、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)。4月1日、新理事長に就任したのが農林中央金庫(農中)の元専務理事だった高橋則広氏(58)だ。  GPIFの理事長は、06年の発足…

詳細を見る

世界のエリート層の資金運用 資料で実態明らかに

img_7c252862fad47623647442418fa9373d99903

ロシアのプーチン大統領周辺やアイスランドのグンロイグソン首相など、各国のエリート層が租税回避地を使って秘密裡に資金運用をする実態が、パナマの法律事務所の資料で明らかになった。 法律事務所「モサック・フォンセカ」の資料約1100万件を国…

詳細を見る

快走「円資産」ファンド、“自作”も可能

快走「円資産」ファンド、“自作”も可能 2016-03-24  複数資産に分散投資を行うバランス型の中でも、国内資産を中心に組み入れる「円資産」ファンドのパフォーマンスが好調だ。2016年2月末までの過去1年間のバランス型ファンドの…

詳細を見る

資産運用会社フィデリティ「最も有望な投資先は日本」

世界的な資産運用会社フィデリティ・インターナショナルは29日、自社のアジア・欧州地域の株式・債券アナリスト177人を対象に投資有望地域・業種を調査した結果として、今年は日本と欧州が最も有望な投資先になると予想した。  フィデリティのア…

詳細を見る

アーカイブ