世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ファンド&投資信託

ヘッジファンドにさようなら、運用者の新天地はファミリーオフィス

T・F・メーガー氏はちょっと前まで、ヘッジファンドで働いていた。 60億ドル(約6200億円)を運用するUBSオコナーだ。資金流出に悩むファンドが多い中で資産を増やしてさえいる優良なファンドだった。   しかし6年間勤めてエグゼクテ…

詳細を見る

クレジット・ヘッジファンド、また閉鎖-明日はわが身

クレジット・ヘッジファンドがまた閉鎖された。サカ・キャピタルはある時点ではアジア最大のクレジット・ヘッジファンドとされていた。   運用会社がまた1社白旗を揚げただけと片付けることはできない。シンガポールに本社を置くサカによる閉鎖は、…

詳細を見る

米ペリー・キャピタルが旗艦ファンドを閉鎖へ-投資家に書簡

ヘッジファンドのペリー・キャピタルを率いるリチャード・ペリー氏は旗艦ファンドを閉鎖する。 ヘッジファンド業界はその歴史で最大の激動期に直面している。   同氏は26日付の投資家への書簡で、自身の投資スタイルがもはや奏功していない…

詳細を見る

ヘッジファンドに恩恵、年金基金のリスク回避戦略-8900億円流入も

カリフォルニア州教職員退職年金基金(CALSTRS)はヘッジファンド投資を増やす計画だ。 リターンの変動性を抑えるのが目的。 これによって向こう3年で業界に87億ドル(約8900億円)が流入する公算だ。   CALSTRSは新…

詳細を見る

ヘッジファンドの流血騒ぎ、起死回生の方法探る好機か

ヘッジファンドの7月の解約額が252億ドル(約2兆5300億円)に上った。 一部が閉鎖に追い込まれるような痛い話だが、業界全体の規模を考えれば、どうってことはない。   悪いニュースとしては、流血騒ぎはこれで終わらないということだ。…

詳細を見る

GPIF年金運用損「5.3兆円」よりも深刻な問題

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、2015年度の運用実績が5.3兆円の赤字になったと発表した。  GPIFは一昨年11月に運用資産に占める株式の割合の上限をそれまでの2倍にあたる約50%に拡大し、実際に株…

詳細を見る

GPIF率いるクジラ軍団191兆円、日本株を飲み込むなら今とメリル

3月末時点で191兆円-。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と共済年金が資産構成の目標値を実質的に共有する運用資産の額だ。目指す水準とのずれを埋めるには、4者を合わせるとかなりの規模で、国内債券の残高を減らし、日本株などを買い増す必…

詳細を見る

天才数学者たちが率いる謎のヘッジファンド、「ツー・シグマ」の正体

数学は森羅万象を記述するための言語」。偉大な科学者・ガリレオは数学をこう表現した。現代では「神の言葉」を理解するほど、莫大な資産を生み出せる。 1986年、ポーランドで開かれた第7回国際数学オリンピックで銀メダルを獲得した16歳のジョ…

詳細を見る

1年で45%下げた世界最悪の株式市場-MSCI組み入れ是非の決断へ

MSCIは香港時間15日早朝に決定を発表 上海総合指数は昨年の定期見直し前は7年ぶり高値を付けていた 株価指数に連動して投資する市場参加者は間もなく、世界で最もパフォーマンスの悪い株式市場の銘柄を購入し始めざるを得ないのかを知ること…

詳細を見る

ソロス氏の弱気トレード成功させる6イベント-エラリアン

米紙ウォールストリート・ジャーナルが先週報じたところによると、著名投資家のジョージ・ソロス氏はトレーディングに復帰し、リスク資産の大幅な下落を見込んだポジションを組んでいる。   しかしこうした取引が成功するにはタイミングが最も重要だ…

詳細を見る

アーカイブ