世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:ヨーロッパ

英EU離脱、個人投資家の取るべき行動は FPに聞く

2016.06.27

96958A9F889DE2E6E2E0E6EAE6E2E0E6E2E4E0E2E3E4828296E2E2E3-DSXMZO0401917024062016000003-PB1-8

FPに聞いて何が分かるのか・・・と思うのモノの一応聞いておく。 「英国のEU離脱くらいのインパクトのある出来事は今後もありうる。この相場で『どうしようか』と慌ててしまったなら、資産配分でリスクを取りすぎている可能性がある」。リンクマネ…

詳細を見る

「残留が勝ったようだ」=英独立党党首

2016.06.24

欧州連合(EU)離脱支持派の急先鋒(せんぽう)、 英独立党(UKIP)のファラージュ党首は23日、 国民投票の投票締め切りを受け「残留派が競り勝ったようだ」と述べた。…

詳細を見る

英国のEU離脱派がリード縮小

2016.06.23

 6月22日、TNSの世論調査によると、英国の欧州連合(EU)離脱支持の残留支持に対するリードが2ポイントと、先週の7ポイントから縮小した。ジョンソン元ロンドン市長(左)らによる離脱派のキャンペーン、英セルビーで撮影(2016年 ロイター/Ed Sykes)

TNSが22日公表した世論調査によると、英国の欧州連合(EU)離脱支持の残留支持に対するリードが2ポイントとなり、先週の7ポイントから縮小した。EU離脱の是非を問う国民投票は翌23日に実施される。 TNSが2320人を対象に6月16─…

詳細を見る

英国のEU離脱に関する国民投票は、こうトレードしろ!

2016.06.22

いよいよ英国のEU離脱の是非をめぐる国民投票(レファレンダム)が現地6月23日に実施されます。 このレファレンダムを、どうトレードするべきでしょうか? 以下は僕の考えです。 【長期のポートフォリオは不変】 まず現在の僕の…

詳細を見る

ソロス氏:ポンド20%余り急落も、離脱で劇的な影響

2016.06.21

資産家で著名投資家のジョージ・ソロス氏は英国の国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まった場合、通貨ポンドは対ドルで20%余り急落し、1992年にポンドが欧州為替相場メカニズム(ERM)離脱に追い込まれた時よりも破壊的な切り下げが起きかねないと…

詳細を見る

英ポンドがアジア時間早朝に上昇、EU残留支持派リードの調査結果で

2016.06.20

アジア時間20日早朝の外国為替市場で英ポンドが上昇。野党労働党のジョー・コックス下院議員の殺害事件後に初めて実施された世論調査で英国の欧州連合(EU)残留支持派が勢いづいていることが示された。 23日投票の英国民投票を前にサーベーショ…

詳細を見る

英EU離脱、最も影響を受けるのはJPMとゴールドマンか-KBW

-1x-1

国が欧州連合(EU)を離脱した場合、大手米銀で最も打撃を受けるのはJPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・グループの可能性が高い。 キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズ(KBW)のアナリストが指摘した。 ブライアン・ク…

詳細を見る

英国がEU離脱なら「世界恐慌」の引き金に?

2016.06.13

6月23日。世界は大きな転換点を迎えるのかもしれない。 「Brexit(ブレグジット)」つまり「英国のEU(欧州連合)離脱」の是非を問う英国民投票が、6月23日に行われるからだ。 画像を拡大 英世論調査会社YouGovが6…

詳細を見る

次の債券「タントラム」は日本発か、売りが世界に波及も-ゴールドマン

ドイツ国債「タントラム(かんしゃく)」によって7500億ドル(約81兆8000億円)余りが世界の国債市場から失われてから1年。次の国際的な債券売りを引き起こすのは日本になる可能性があると、ゴールドマン・サックス・グループはみている。   …

詳細を見る

バークレイズとドイツ銀に吹く逆風-それは収入下押し圧力

2016.01.26

data

バークレイズとドイツ銀行では昨年就任した新最高経営責任者(CEO)たちが収益力向上を急いでいるが、向かい風が強まっている。 新たな逆風は収入に対する下押し圧力だ。ドイツ銀は先週、2015年10-12月(第4四半期)は投資銀行部門を中心…

詳細を見る

アーカイブ