世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:中国

世界史上最大の株価下落-時価総額90兆円余り失い、なお底見えず

2017.10.31

中国の国有エネルギー会社ペトロチャイナ(中国石油天然気)の株価がようやく底を打ったとアナリストを納得させるには、同社が味わった世界の歴史で最も大きな下げでは足りず、さらなる下落が必要になるようだ。   ペトロチャイナ株が上海市場での取…

詳細を見る

ビットコインが急落、中国人民銀行が仮想通貨の新規公開は違法と宣告

2017.09.05

仮想通貨ビットコインの価格が4日急落し、7月以来の下げ幅を記録した。 中国人民銀行(中央銀行)がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を違法とし、関連する資金調達活動全てを即時停止するよう通告したことが背景にある。 急成長中の仮…

詳細を見る

中国「さびた工業地帯」で社債支払い停止、ムーディーズの懸念に現実味

2017.05.26

中国の「さびた工業地帯」と呼ばれる地方の企業が、またしても社債の償還に応じられなかった。 米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは24日、中国の格付けを引き下げ、同国企業の債務膨張をその理由に挙げていたが、この懸念が現実味を増しつつ…

詳細を見る

中国 ビットコイン取引所の運営会社への調査始める

2017.01.12

中国の中央銀行は、インターネット上の仮想通貨、ビットコインの取引所を運営する中国の会社に対して調査を始めたと発表しました。市場では、中国当局が神経をとがらせる海外への資金の流出が、ビットコインを抜け道に進んでいる可能性が指摘されていることか…

詳細を見る

中国発「リーマンショック並み」世界経済危機の兆候…中国、異常な債務膨張と成長失速

2016.06.01

5月26~27日、伊勢志摩で開催された主要7カ国首脳会議(伊勢志摩サミット)は、世界経済の危機回避を目指すことなどを確認して閉幕した。今回の会議の結果、表向きにはサミットの首脳宣言には各国の協調を重視する姿勢が盛り込まれた。それはある意味で…

詳細を見る

中国企業に投資家いらだつ 「社印ない」社債デフォルトで言い訳

2016.05.25

「社印がない」「資産を移動した」「幹部と連絡が取れない」-。中国経済成長の鈍化を背景に、中国企業の社債の元利払いが滞ったり、デフォルト(債務不履行)に陥るケースが増加し、そのたびにこうした言い訳が行われ、投資家がいらだちを募らせている。 …

詳細を見る

中国の金融システム:迫り来る債務の山の崩落

2016.05.13

正真正銘のトラブルが中国を襲うのは、可能性の問題ではなく、時間の問題だ。  世界金融危機の後、経済成長率を押し上げるために信用供与の蛇口を開いてお金を借りやすくした中国の判断は正しかった。だがその蛇口を再び閉めなかったのは間違いだった…

詳細を見る

世界同時株安は金融市場の“宴の終わり”を示す

2016.01.12

2016年は世界的な株価下落で幕開けとなった。昨年末にかけて欧米の株式市場が軟調な展開で終了した流れを受け、わが国や中国など主要アジア諸国の株式市場も軒並み大幅下落となった。  今回の株価下落は、潤沢な流動性=マネーを背景にして株式や…

詳細を見る

中国の株式市場 サーキットブレーカーを停止

2016.01.08

株価の大幅な下落が続いている中国の株式市場で、株価の急な変動を防ぐために導入されたばかりの「サーキットブレーカー」と呼ばれる制度が、逆に株価の下落を助長しているとして、急きょ停止されることになりました。 「サーキットブレーカー」は、株…

詳細を見る

米国株:続落、中国貿易統計の弱さを受け世界経済への不安が再燃

2015.12.09

8日の米国株式相場は続落。 中国経済の弱さを示す新たな統計が発表され、世界経済の成長見通しに対する不安が再燃、米国株は世界的な株安の流れを引き継いだ 中国の貿易統計が弱い内容となったことを受け、エネルギーをはじめとする商品価格を押し下げ…

詳細を見る

アーカイブ