世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:中国

国内海外情勢市況ニュース解説マネー講座フォト 印刷投資・マクロのRSS IMF、中国の銀行に資本増強勧告 2800億ドル不足の可能性

2017.12.08

国際通貨基金(IMF)は7日、中国の銀行は与信拡大ブーム後の景気の落ち込みに備えて資本バッファーを充実させるべきだと指摘した。  IMFは2011年以来となる中国の金融システムに関する包括的な評価で、「段階的かつ的を絞った銀行の資本増…

詳細を見る

香港個人投資家18兆円買い 閲文集団IPOで09年来の熱狂

2017.11.29

中国のインターネット大手テンセント(騰訊)からスピンオフ(分離・独立)した電子書籍部門、チャイナ・リテラチャー(閲文集団)が8日に香港証券取引所に上場したが、個人投資家が新規株式公開(IPO)にこれほど熱狂したのは2009年以来だ。 …

詳細を見る

本当は北朝鮮情勢よりももっと危ない尖閣の今 中国は本気で奪いにくる、米国議会の諮問機関が警告

尖閣諸島沖の領海に侵入した中国公船の「海警2502」。海上保安庁提供(2016年11月6日撮影、資料写真)。(c)AFP/Japan Coast Guard〔AFPBB News〕  中国は今なお軍事手段による尖閣諸島の奪取を目指しており…

詳細を見る

世界史上最大の株価下落-時価総額90兆円余り失い、なお底見えず

2017.10.31

中国の国有エネルギー会社ペトロチャイナ(中国石油天然気)の株価がようやく底を打ったとアナリストを納得させるには、同社が味わった世界の歴史で最も大きな下げでは足りず、さらなる下落が必要になるようだ。   ペトロチャイナ株が上海市場での取…

詳細を見る

ビットコインが急落、中国人民銀行が仮想通貨の新規公開は違法と宣告

2017.09.05

仮想通貨ビットコインの価格が4日急落し、7月以来の下げ幅を記録した。 中国人民銀行(中央銀行)がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を違法とし、関連する資金調達活動全てを即時停止するよう通告したことが背景にある。 急成長中の仮…

詳細を見る

中国「さびた工業地帯」で社債支払い停止、ムーディーズの懸念に現実味

2017.05.26

中国の「さびた工業地帯」と呼ばれる地方の企業が、またしても社債の償還に応じられなかった。 米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは24日、中国の格付けを引き下げ、同国企業の債務膨張をその理由に挙げていたが、この懸念が現実味を増しつつ…

詳細を見る

中国 ビットコイン取引所の運営会社への調査始める

2017.01.12

中国の中央銀行は、インターネット上の仮想通貨、ビットコインの取引所を運営する中国の会社に対して調査を始めたと発表しました。市場では、中国当局が神経をとがらせる海外への資金の流出が、ビットコインを抜け道に進んでいる可能性が指摘されていることか…

詳細を見る

中国発「リーマンショック並み」世界経済危機の兆候…中国、異常な債務膨張と成長失速

2016.06.01

5月26~27日、伊勢志摩で開催された主要7カ国首脳会議(伊勢志摩サミット)は、世界経済の危機回避を目指すことなどを確認して閉幕した。今回の会議の結果、表向きにはサミットの首脳宣言には各国の協調を重視する姿勢が盛り込まれた。それはある意味で…

詳細を見る

中国企業に投資家いらだつ 「社印ない」社債デフォルトで言い訳

2016.05.25

「社印がない」「資産を移動した」「幹部と連絡が取れない」-。中国経済成長の鈍化を背景に、中国企業の社債の元利払いが滞ったり、デフォルト(債務不履行)に陥るケースが増加し、そのたびにこうした言い訳が行われ、投資家がいらだちを募らせている。 …

詳細を見る

中国の金融システム:迫り来る債務の山の崩落

2016.05.13

正真正銘のトラブルが中国を襲うのは、可能性の問題ではなく、時間の問題だ。  世界金融危機の後、経済成長率を押し上げるために信用供与の蛇口を開いてお金を借りやすくした中国の判断は正しかった。だがその蛇口を再び閉めなかったのは間違いだった…

詳細を見る

アーカイブ