世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:中国

中国政府とヘッジファンドの駆け引き

中国は短期間のうちに驚くほどの経済成長をあげました。 これには、中国では労働力が安く、また勤勉な国民性もあり、製造業が急速に発展したことが要因としてあげられます。 しかし、それだけではとうてい驚異的な経済成長は説明できません。 海…

詳細を見る

上海・深セン証取が空売り規制変更、取引頻度と価格変動を抑制へ

2015.08.04

- 中国の上海、深セン両証券取引所は、空売り規制の強化を発表した。規制強化を通じて、株式取引の頻度と価格変動を抑制する狙いがある。 両証取が3日遅くに発表した声明によると、変更によって、空売りに関連した貸し株と返済を同じ日に実施する…

詳細を見る

今中国株を買いに動くのはやはり並大抵ではない

ジム・ロジャーズ氏、中国A株を追加取得 米著名投資家ジム・ロジャーズ氏は28日に南京を訪問した際、中国のメディアの取材に応じた。 ロジャーズ氏は、中国A株に対するポジティブな見方を維持し、急落したA株の値ごろ感が強まり、自身が2…

詳細を見る

原油、金、通貨が一気に下落 新興国の景気を不安定化する中国の減速、アメリカの利上げ

中国経済の減速が世界をかき回す 足許の金融市場では、株式、原油、金、銅等の商品、新興国や資源国の通貨が下落している。株価の下落は、不安定な企業業績を意味するだろう。そして、商品市況の下落は、世界経済の低迷による需要が低下を見込んだもの…

詳細を見る

大暴落の中国市場、異常なトンデモ制度で株価操作横行

2015.07.24

6月の半ば頃から7月上旬にかけて、中国の上海、深センの証券取引所で株価が暴落したことは記憶に新しい。 中国株は今年に入って急激に値を上げ、「バブル」ではないかと懸念されていた。 その中国株式市場の混乱を伝えるニュースの中で、「上場企…

詳細を見る

中国不動産投資尻込み 急激な株価変動、購入先送りや中止

2015.07.18

 中国株の急激な変動を受け、中国国内で住宅市場の回復が脅かされる可能性がある。6月までの1年で2倍超に上昇した株高などを追い風に、住宅市場の回復は1~6月期に勢いを増し始めたばかりであり、この流れが全国的に広がり、不動産投資の拡大をもたらす…

詳細を見る

流動性リスクをあなどるなかれ

2015.07.12

今日はホットトピックになってきている「流動性」についてお話しさせて頂こうと思います。 「流動性」という言葉の意味はいくつかありますが、話題になっている「流動性」の意味は「売りたい時に売れない」「値段を大きく下げないと売れない」こと…

詳細を見る

中国は暴落した「レアアース」をどう売るのか

なぜ米レアアース最大手は、追い込まれたのか? 6月2日、アメリカ最大のレアアース(希土類)生産企業であるモリコープ社が、「3250万ドル(約40億円)もの社債利払いを見送る」とのニュースが飛び込んできた。 米大手紙などによると、…

詳細を見る

中国人が不動産購入に躍起なるもう1つの理由

2015.06.05

不動産の購入はその他の人たちにとっても考えざるを得ないものとなっています。 どんな人たちが不動産の購入の圧力を受けるかというと、小さな子供を持つ人達です。 多くの若者にとって、都市部での不動産購入は経済的に非常に難しいです。 運良…

詳細を見る

米国の大富豪ジョージ・ソロス氏が、新たな世界大戦の可能性があることを示唆 続きを読む http://jp.sputniknews.com/life/20150523/366069.html#ixzz3b6EeABxR

2015.05.25

ソロス氏によれば、中国が輸出でなく内需に経済の主軸を移したとき、そのシナリオは現実のものとなる。 そのとき中国政府は政権を維持するために外部に紛争を必要とするだろう、とソロス氏。 「米国の軍事同盟諸国、たとえば日本と中国との間に紛争…

詳細を見る

アーカイブ