世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:日本

陛下「東北は私が行きます」 震災直後、石原知事は絶句

2017.05.22

2011年の東日本大震災発生19日後。 天皇、皇后両陛下の被災者見舞いは3月30日、福島県から東京に避難した人々が身を寄せていた東京武道館(東京都足立区)から始まった。  天皇陛下より1歳年長の石原慎太郎氏(84)が都知事として…

詳細を見る

資産家がわざわざローンを組んで不動産を買う理由

2017.04.06

このところ資産運用の世界で、大きなパラダイムシフトが起こりつつある。長年続いた低金利の時代が終わり、金利上昇が本格化するのではないかとの見方が台頭してきているのだ。  もしこの転換が本物だった場合、個人の資産運用は抜本的な見直しを…

詳細を見る

三井住友銀の高島頭取:融資・債券業務で米国トップ10目指す、買収も

2017.04.03

三井住友フィナンシャルグループ傘下で主力の三井住友銀行頭取に就任した高島誠氏は、米国でシンジケートローンや社債関連など融資・債券業務(デットビジネス)でトップ10入りを目指す方針だ。 世界最大の米国市場で本業の商業銀行業務を拡大して存在感…

詳細を見る

ゆうちょ銀、個人向け融資 あす認可申請 最大50万円

2017.03.30

 ゆうちょ銀行が個人向けの無担保融資業務の参入に向けて、31日に金融庁と総務省に認可申請することが29日分かった。自分の口座から現金を引き出す際や自動引き落としの際、残高が不足した場合に最大50万円まで借り入れることが可能になる。金利は14…

詳細を見る

日本の個人投資家、日経平均に連動の仕組み債購入-韓国でも人気

2017.03.29

日本の個人投資家が、タンス預金をしていた資金を取り出しリスクのある証券に投資し始めている。   国内債券のマイナス利回りと最近までは揺らぐ気配のなかった世界的株価上昇を背景とした日本のリテール投資家からの需要で、日経平均株価に連動する仕組…

詳細を見る

東芝株、きょうから監理銘柄 上場廃止の恐れ

東京証券取引所は14日、東芝株を上場廃止となる恐れがある「監理銘柄(審査中)」に15日から指定すると発表した。 東芝株は、内部管理体制に不備があるとして2015年9月に東証から「特設注意市場銘柄」に指定され、15日で1年6カ月が経過する。…

詳細を見る

黒田総裁のほほ笑みが消えるとき-日銀の国債保有が残高の4割突破

2017.02.14

日本銀行の黒田東彦総裁はかつて、日銀が購入している国債の割合はイングランド銀行(英中央銀行)の買い入れの半分だと笑ってみせたことがある。しかし、このままだと笑いごとでは済まなくなる日も遠くない。   ブルームバーグが集計したデータによると…

詳細を見る

去年 海外投資家の売買規模 リーマンショックに匹敵

2017.01.11

海外の投資家が去年1年間に国内の主な株式市場で株式を売った額は、買った額を3兆6000億円余り上回り、世界的な金融危機「リーマンショック」が起きた平成20年に匹敵する規模だったことがわかりました。 東京証券取引所のまとめによりますと、…

詳細を見る

東証できょうから取り引き トランプ相場の行方は

2017.01.04

東京証券取引所では、4日からことしの取り引きが始まり、去年の秋以降、アメリカのトランプ次期大統領の経済政策に対する期待から株価が上昇した、いわゆる“トランプ相場”の行方が注目されます。 東京証券取引所では4日、証券業界の関係者らが1年の活…

詳細を見る

だから海外投資家は「黄金の国・ジパング」に殺到する

2017.01.03

トランプ相場で日本株が活況を呈している。「かつてない好景気」の波にいち早く反応しているのが海外投資家だ。日本市場を客観的視点からウォッチする彼らは、すでに黄金の国・ジパングへの大航海に乗り出している。 「2017年の日本株市場には魅力…

詳細を見る

アーカイブ