世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:日本

郵便貯金の金利推移をグラフ化してみる

2018.08.08

金融機関にお金を預け入れることで金利に基づいた利子(利息)が発生し、口座から下す時には元本以上のお金を手に入れることができる。通帳記入をすれば時々利子などの名目で口座に振り込まれているのが分かるはず。昨今では金利はごくわずかで「金融機関に預…

詳細を見る

税務署の職員だけに与えられた「特典」

2018.07.30

元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな元国税庁長官は「佐藤さん」です。  一般にはあまり知られていませんが、国税局の職員には採用区分による違いがあります。それは「専科」と「普通科」です。簡単に言うと大学卒と高校卒ですが、それぞれ異な…

詳細を見る

東証、1日平均売買代金3兆円超 リーマン後初、過去2番目の水準

2018.07.04

2018年上半期(1~6月)における東京証券取引所第1部の1日平均売買代金は、08年のリーマン・ショック以降、半期ベースで初めて3兆円を超えたことが3日、分かった。株価が高値で推移しているほか、相次ぐ米市場の変調が日本市場の活発な取引を促す…

詳細を見る

世界的な量的緩和解除、年内に流動性資金150兆円消失も 相場急落の危惧

2018.06.29

世界主要国・地域の中央銀行が量的緩和策(QE)の解除に向かい始め、年内に150兆円強の流動性資金供給が減少する見通しになった。市場関係者の間には、相場の急落を予想する声も浮上している。  流入資金が大幅減  バンク・オブ・アメリ…

詳細を見る

大連、消えゆく日本風建築 軍の副業厳禁化、相次ぐ閉鎖

2018.06.27

中国東北部で、戦前に建てられた日本ゆかりの住宅が次々と姿を消している。都市開発で取り壊され、軍が所有していた物件も閉鎖された。一方、歴史問題を乗り越え、保護に乗り出す市民も現れている。(大連=平賀拓哉) 左のほお殴られたら「殴り返す」…

詳細を見る

日本株は本当に米中貿易戦争で崩れるのか 米国の共和党は決して「一枚岩」ではない

2018.06.25

市場はトランプ大統領のハッタリを見抜いている? 先週のマーケットは、「二山」ならぬ「二谷」、つまり市況の下振れが2回あった。ともに主な要因は、通商問題だった。 まず一つめの谷を引き起こした材料は、日本時間で6月19日(火)朝8時半に…

詳細を見る

日銀トレード、来月から一段としやすく

2018.06.22

入札で国債を買ってオペで売る「日銀トレード」が7月から一段としやすくなりそうだ。5月に導入された国債の翌営業日決済が全ての新発債の入札へと広がり、入札翌日に売却できるようになるためだ。日銀トレードが年を通じて活発化する半面、利ざやの縮小で収…

詳細を見る

10銘柄10万円でテーマ投資 銘柄選びお任せサービス

旬のテーマに関連する複数の株式に少額で投資できるサービスがあると聞きました。どのようなサービスでしょうか。 ◇  ◇  ◇  注目のキーワードから成長を見込める分野を探して投資する「テーマ投資」を少額で始められるサービスが広がり…

詳細を見る

日本経済は消費税10%に耐えられないかもしれない 深刻に低下している日本経済の基礎体力

2018.06.18

政府が策定する経済財政運営の基本方針(いわゆる「骨太の方針」)に消費税の10%への増税が明記された。景気への影響を最小限にとどめるため、大型の景気対策も実施する。 click here  本来、増税は景気に対して大きなマイナスにはな…

詳細を見る

金融庁、FX証拠金倍率引き下げへ 事業者ごとに上限変更、経営体力に応じ判断

2018.06.13

金融庁は12日、投機性が高い外国為替証拠金取引(FX)で元手の何倍まで取引が可能かを示す「証拠金倍率」の上限について、原則として引き下げる方向で変更することを決めた。現在は一律で最大25倍に規制されているが、事業者ごとに上限を変える。年内に…

詳細を見る

アーカイブ