世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:日本

ヘッジファンドのシビラ、日経平均先物ロング有望視-米国株空売りも

2016.06.29

A visitor looks at an electronic stock board at the Tokyo Stock Exchange (TSE), operated by Japan Exchange Group Inc. (JPX), in Tokyo, Japan, on Tuesday, Aug. 25, 2015. Japanese stocks swung between gains and losses amid elevated volumes as investors hunted for bargains after the biggest selloff in more than two years. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

ニューヨークのヘッジファンド会社、シビラ・キャピタル・マネジメントは英国が欧州連合(EU)離脱を選んだことが世界的なリセッション(景気後退)を引き起こし、2、3年以内に信用危機が発生するリスクを高める可能性を「真剣に恐れている」。   「…

詳細を見る

2016年最大規模の新規株式公開 LINE上場で日本の株式市場は活気づくのか

2016.06.09

20160607-00000007-wordleaf-0a41b44a23d1502a8f9fdbfa08b376b94

対話アプリのLINEが7月にも東京証券取引所に上場する見通しです。同社は2014年に東証に上場申請をしていたのですが、親会社である韓国ネイバー社と上場方針を巡って意見の食い違いがあり、2度にわたって上場を延期したという経緯があります。 …

詳細を見る

老後、なぜ大半の人が貯金不足で後悔するのか?自動的に毎年15%儲かる老後資産形成法とは

2016.06.07

●確定拠出年金法の大改正が実現し、お金のトリセツに1項目加わる  5月24日に確定拠出年金法の改正が実現し、2017年1月より現役世代なら誰でも個人型確定拠出年金に加入できることになりました。確定拠出年金といわれてもほとんどの人はぴん…

詳細を見る

日銀が積極的に購入を表明「賃上げETF」はアベノミクスの追い風になれるか

2016.06.03

上場したETFは、大和証券投資信託委託の「ダイワ上場投信-MSCI日本株人材設備投資指数」、野村アセットマネジメントの「NEXT FUNDS野村企業価値分配指数連動型上場投信」、日興アセットマネジメントの「上場インデックス日本経済貢献株」で…

詳細を見る

普通の家計の貯蓄額は1805万円か997万円か?

2016.05.26

52980_ext_15_1

――平均値は平均的ではない 2015年に日本の家計が保有していた金融資産は1世帯あたり平均1805万円で、3年連続の増加となった(総務省統計局「家計調査(貯蓄・負債編)」)。もしも保有している金融資産額が1400万円だったとしたら、自分は…

詳細を見る

日銀のETF保有、4月は市場全体の59%に上昇-3000億円超買い増す

2016.05.20

-1x-1

日本銀行は4月に指数連動型上場投資信託(ETF)を3228億円買い増し、国内上場の日本株ETF全体における保有率は59%に達した。   日銀と投資信託協会の公開情報からブルームバーグが試算した。 日銀がETFの買い入れを決めた2…

詳細を見る

▲驚愕▲_勝率100%の株式投資が無料公開中!

2016.05.07

無題

《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信 お金を稼ぐという活動に対して、 ここ数年で最も大きな衝撃の事件がおこったので、 興奮してメールを書いています。 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、 シ…

詳細を見る

同じミスを繰り返す部下をもっとダメにする叱り方

2016.05.02

 仕事にはミスがつきもの。そのミスを蒸し返して何度も何度も注意されたら、モチベーションが下がるのは当然です。ところが、平気でそんなことをしてしまう上司が少なくないようです。自分の行為がどれだけ職場にマイナスの影響をもたらしているのか、わから…

詳細を見る

平均貯蓄額は1209万円? みんな、いくら貯めている?

2016.04.29

平均貯蓄額は1209万円? みんな、いくら貯めている? 2016年4月28日 20時45分 All About 平均貯蓄額はいくら? 写真拡大 ■平均貯蓄額は1209万円、貯蓄ゼロが3割 ここ数年、格差という言葉をよく耳に…

詳細を見る

マルサはあなたの所に突然やって来る…のか?

2016.04.27

近年、税務調査に関する法律が改正され、調査現場にも変化が見られる。この連載では、国税庁や税務署などで要職を務めたOBで組織する租税調査研究会の主任研究員が、それぞれの見地から税務調査の実態や対策についての解説を行う。第1回は、国税局査察部(…

詳細を見る

アーカイブ