世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:株式

東芝株、きょうから監理銘柄 上場廃止の恐れ

東京証券取引所は14日、東芝株を上場廃止となる恐れがある「監理銘柄(審査中)」に15日から指定すると発表した。 東芝株は、内部管理体制に不備があるとして2015年9月に東証から「特設注意市場銘柄」に指定され、15日で1年6カ月が経過する。…

詳細を見る

東証できょうから取り引き トランプ相場の行方は

2017.01.04

東京証券取引所では、4日からことしの取り引きが始まり、去年の秋以降、アメリカのトランプ次期大統領の経済政策に対する期待から株価が上昇した、いわゆる“トランプ相場”の行方が注目されます。 東京証券取引所では4日、証券業界の関係者らが1年の活…

詳細を見る

東芝数千億円規模の損失計上で

2016.12.28

本日、米原発事業で1千億円規模の損失計上を報じられてしまった東芝。NHKなどの一部メディアでは5千億とも報じており、株主の集う株個別銘柄板の個別スレが荒れに荒れる展開に。 東芝は、18時より記者会見を開き、減損計上リスクを正式発表した…

詳細を見る

日本株を吊り上げている「投機家」の正体 日経平均を短期的に押し上げる勢力がいる

2016.12.12

「トランプラリー」が止まらない。米国の主要3指数(NYダウ、ナスダック、S&P500)はすべて史上最高値を更新中だ。また、史上最高値とはいかないが、12月9日、日経平均株価も1月4日のザラ場(取引時間中)ベースの年初来高値1万8951円を上…

詳細を見る

プロの意見分かれるトランプバブル、億り人は「仕込み時」

2016.11.30

“トランプバブル”に沸く日本株市場だが、市場関係者たちが「爆騰Xデー」として注目する日が、トランプ氏が大統領に就任する、「2017年1月20日」である。本誌・週刊ポストが経済のプロ15人に「1.20」の日経平均株価の予想を聞いたところ、その…

詳細を見る

日銀買いと外国人売りに挟まれ 1万5000~8000円で推移

2016.11.21

金融市場の思惑とは裏腹に、トランプ氏が米国大統領選挙に勝利し、日本株・ドル円は直後に乱高下した。しかし、結果としてはトランプ氏の景気重視型の経済政策は当面の米国経済、世界経済にプラスだろうと株式市場では捉えられている。  米国は201…

詳細を見る

1万8000円が視野に入る日経平均、外国人の買いも

2016.10.21

10月20日(木)の日経平均はこれまで壁と見られていた1万7000円を力強く上抜けてきました。為替は103円~104円前後で停滞していますので、まずは財政拡大と日銀のETF買いがじわじわと効いてきた結果と思います。テクニカルを確認すると、1…

詳細を見る

空売りヘッジファンドが頼る新進気鋭の日本人-辛辣な指摘で存在感

物言う空売り投資家が日本株式市場に参入する中で、これまで無名だった地元アナリストが空売りで最も影響力を持ち得る人物として存在感を示しつつある。   荒井裕樹氏のことだ。初めて空売りリポートを書いたのは約9カ月前だが、同氏が標的とする銘…

詳細を見る

ショック!日銀の「ETF買い入れ」には、日経平均を押し上げる効果はなかった

2016.08.11

筆者にとって、7月28、29日の金融政策決定会合は、ほぼ「ゼロ回答」に等しかったという認識だった。しかし、マーケット関係者の評価は、どうやら異なるようだ。 特に、株式市場関係者の間では、日銀がETFの買い入れ枠を、従来の3.3兆円から…

詳細を見る

米国株:投機家はVIXの低下見込む-S&P500は最高値付近

2016.08.10

大口投機家らはボラティリティ市場で、米国株の上昇予想を過去最高水準まで高めている。   ブルームバーグがまとめた米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX)の先物…

詳細を見る

アーカイブ