世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

カテゴリー:株式

マイナス金利なのに、早くも株価下落の理由 株式市場の反応は、なぜネガティブなのか

2016.02.04

日本株が再び急落している。マイナス金利の導入で円安・株高への期待が高まったが、政策発表後の2日には早くも株価が下落に転じるなど、その効果に対して懐疑的な見方が増えつつある。日本株は主要企業が収益を輸出に頼っている以上、円安にならない限り、株…

詳細を見る

インデックスファンドとETFの二刀流で利益アップ! 運用成績+40%超のインデックス投資家・kenz氏の 資産配分とポートフォリオ、おすすめ銘柄を紹介!

2016.01.14

インデックス投資は、日経225やTOPIX、MSCIコクサイなどの指数に連動する“インデックスファンド”を購入し、長期的に運用を続ける投資法だ。購入するインデックスファンドの組み合わせとその構成比率、いわゆるポートフォリオを決め、あとはリバ…

詳細を見る

2016年株価は55%下落し円相場は93円まで円高が進行する。日銀が衝撃のレポートを発表byゲンダイ

2015.12.02

きっと「それ」は年始早々から起こり始める。日本全体を巻き込んで、株も為替も不動産も会社も生活もすべてを飲み込んでいく。1年後に見る風景に、いまある景色は何も残っていないというほどに。 驚くべき中身の日銀レポート 「2015年10-…

詳細を見る

帰ってきた村上ファンド 大量保有7銘柄に投資家が熱い視線

「帰ってきた村上ファンド」が再び市場を賑わせている。かつて「モノ言う株主」として脚光を浴びた村上世彰氏(56)は長女の絢氏(27)が代表を務める「C&Iホールディングス」とともに、新たに株の大量保有を進めている。その“新生・村上ファンド”が…

詳細を見る

郵政上場:巨大民営化、デフレ脱却の起爆剤-タンス預金を株式市場に

data

日本郵政グループ3社は4日、新規株式公開(IPO)する。 1987年のNTT以来の大型民営化をきっかけに、投資家の潤沢な資金を株式市場に呼び込み、企業の成長を促す火付け役となることが期待されている。 安倍晋三政権にとって、デフレ脱却…

詳細を見る

郵政3社株は、どれを買ってもそこそこ儲かる

2015.10.27

10月26日、日本郵政株の売り出し価格が1400円で決まった(売り出し株式数4.95億株)。 これで11月4日に上場を予定している日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)のすべての売り出し価格が出そろったことになる(…

詳細を見る

TOPIXが続伸、原油1カ月ぶり高値で資源買われる-空運は軟調

7日の東京株式相場は、TOPIXが続伸して始まった。前日の海外原油市況が1カ月ぶり高値を付けており、過度の業績懸念の後退で鉱業や石油など資源株が高い。為替相場の落ち着きを受け機械や輸送用機器など輸出関連株も堅調。 半面、原油安メリット業種…

詳細を見る

チャートは大崩れ…誰も読めない日経平均の“下値メド”

2015.10.01

9aa60f771b1cf72a073d4391f5cd58df20150930141113456_262_262

兜町が“理由なき大幅下落”に怯えている。 「29日は中国株の暴落や、VWショックといった最悪材料はなかった。それなのに株価はズルズルと下がり続けた。不気味としか言いようがない」(証券アナリスト)  29日の日経平均は前日比で70…

詳細を見る

学者の言うことなどこんなレベル 森永卓郎氏分析 大荒れ相場時代の資産防衛術 今は割安、下がっても買い

2015.09.25

inv1509240830001-n1

中国の株価下落をきっかけに世界中の株価が乱高下している。アベノミクスの登場以来、着実に上昇してきた株価が変調をきたすなかで、「こんな状況では資産運用ができない」と頭を抱えている人も多いだろう。だからといって預金に退避を続けることはできない。…

詳細を見る

日経平均先物OPコース【投資助言商品】 新生銀行ファンドマネージャ-運用コンテスト1位‼の会員制投資助言商品

新生銀行ファンドマネージャ-運用コンテスト1位‼の会員制投資助言商品 こんなものもあるんですね。 銀行のファンドマネージャーが何ぼのもんかしらないが、この現在の状況でどんな成績なのかを知りたいので 一応申し込んでみた。 …

詳細を見る

アーカイブ