世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

ヘッジファンドの影響力強まる、パッシブ運用ブームの想定外の副作用

手数料の安い指数連動ファンドの10年におよぶ台頭が、ヘッジファンドの価格設定力を高めるという想定外の副作用をもたらしている。   パッシブ運用のファンドに資金が流れアクティブ運用のストックピッカーの影が薄れる中、ヘッジファンドの影響力…

詳細を見る

8月限+18.5万 20か月で+179%!!!

日経225オプションのシグナル配信『225Legend』 福岡の投資助言業者が展開している、日経225オプション取引の配信サービス。 推奨資金は200万なので20か月で+179%の利益をサービス開始から積み重ねている。 特に今…

詳細を見る

オプション忍者の【日経225オプション】リアルタイムトレード配信 8月限+32万!!2017年+220.7万!!

オプション忍者の【日経225オプション】リアルタイムトレード配信 大阪のトレードマスターラボ㈱という投資助言業者が昨年から行っている日経225オプション配信。 8月限はいまだに取引回数たった1回で+32万。 2017年はいまだ負け…

詳細を見る

運用業者育成で都に提案へ、資金提供も視野-金融ハブ構想でJIAM

「アジア金融ハブ」構想を打ち出している東京都に対し、国際資産運用センター推進機構(JIAM)は、国内外の新興資産運用業者への運用資金提供も含めた育成プログラムを提案する。 東京市場への拠点設立を条件に資産運用業者を支援し、誘致するのが狙い…

詳細を見る

米国株:下落、米大統領が北朝鮮に警告-ボラティリティー上昇

2017.08.09

8日の米国株は下落。米朝の緊張が高まる中、トランプ米大統領が北朝鮮に警告を発したことを受けて株式のボラティリティー(変動性)を示す指数は急伸した。   S&P500種株価指数は0.2%下げて2474.92。ダウ工業株30種平均は0.2…

詳細を見る

バフェット氏が望まない大台に接近、バークシャーの現金1000億ドル弱

資産家ウォーレン・バフェット氏が近づかないでほしいと願うだろう大台が迫っている。   バフェット氏が50年余りにわたって経営するコングロマリット、バークシャー・ハサウェイは4日、4-6月(第2四半期)末の手元現金が1000億ドル(約1…

詳細を見る

パリバショック10年、世界の債務は史上最高 シドニーのホームレスにみる金融危機の影

2017.08.07

8月1日、金融の超緩和政策の維持を決めたオーストラリア中央銀行。シドニーの中心街にあるその本店前では、ホームレスのテントが軒(のき)を連ねている 。彼らは、必ずしも収入がないわけではない。家賃が高すぎて支払えないためだ。 金融危機後、…

詳細を見る

米国株の「暴落リスク」が現実味を帯びてきた 日本株に「強烈な円高圧力」が襲い掛かる?

2017.08.04

米国株は、昨年11月8日の米国大統領選挙以降、「押し目買いに押し目なし」、という相場格言どおりの展開になっている。代表的な株価指標であるNYダウ工業平均株価は連日高値を更新、8月2日にはついに初めて2万2000ドルを突破した(終値2万201…

詳細を見る

ブラックロックの激安ファンド、今年上期に運用資産2倍超

世界最大の資産運用会社である米ブラックロックは、1%を切る手数料で勝負に出た。それが今、実を結びつつある。   ブルームバーグ・ニュースが閲覧した投資家向け文書によると、ブラックロックのスタイル・アドバンテージ・ファンドの運用資産は1…

詳細を見る

債券トレーダー、コンピューター取引への恐れ薄れる

2017.08.02

債券トレーダーは年々、社債の電子取引に対する抵抗が薄れている。 グリニッチ・アソシエーツの最新調査で明らかになった。   米欧のトレーダーを対象とした調査によれば、コンピューター取引が自分たちの仕事に対するリスクになるとの回答は、2…

詳細を見る

アーカイブ