世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

「6回目のジンクス」に向かう世界経済

2017.04.19

金融市場に40年近く従事してきた実務家として、日米欧の政策金利の引き上げの連動について「5回のジンクス」議論を過去10年以上にわたって行ってきた。米国がまず動き、欧州が続いて、日本は最後になり、日本銀行が利上げした翌年は、世界経済が同時に減…

詳細を見る

「北朝鮮3つの切り札」が鍵を握る半島有事恐怖のシナリオ

2017.04.18

4月15日から16日にかけ、米原子力空母カールビンソンと、空母を中心とした打撃群が朝鮮半島近海に間もなく姿を現す。豪州に向かう予定を変更しての行動。誘導ミサイル駆逐艦ステレットを含む水上戦闘群も合流するとされる。米韓関係筋によれば、北朝鮮が…

詳細を見る

ヘッジファンド名前に潜む警告サイン-「権威」や「経済学」にご用心

ヘッジファンドの名称に使われる言葉が、投資家にとって警告のサインである場合もある。   ヘッジファンドは権威や安定、パワーを反映する言葉、すなわち重厚さを備えた語句をネーミングの際に選ぶことが多い。 ニューヨーク州立大学バッファロー…

詳細を見る

日経225オプションのシグナル配信『225Legend』4月限+39.3万 

無題

日経225オプションのシグナル配信『225Legend』 福岡の投資顧問であるデルタインベストメント㈱が配信している日経225オプション配信サービス。 今のところ日本国内では最もパフォーマンスの良い配信サービスではないで…

詳細を見る

オプション忍者の【日経225オプション】リアルタイムトレード配信 必要証拠金0円で+30万以上を達成

1

オプション忍者の【日経225オプション】リアルタイムトレード配信 大阪のトレードマスターラボ㈱という投資助言業者が昨年から行っている日経225オプション配信。 4月限+33.8万 2017年+128.9万 推奨資金3…

詳細を見る

ミサイル接近なら、その時この音が鳴り響く 覚えておきたい「国民保護サイレン

2017.04.14

北朝鮮情勢の緊迫が続く。繰り返されるミサイル発射実験に、米トランプ政権は強硬姿勢を強め、韓国では「(2017年)4月27日に空爆があるらしい」といった噂が乱れ飛ぶなど危機感が高まっている。日本にとっても他人事ではない。 もし万が…

詳細を見る

北朝鮮、外国人記者らに「重大なイベント」に備えるよう通知

2017.04.13

- 北朝鮮の当局者は13日、同国で取材中の外国人ジャーナリストに対し、「大規模かつ重要なイベント」に備えるよう伝えた。 当局者は「イベント」の内容や場所について詳細を明らかにしておらず、北朝鮮の核開発プログラムを巡る緊張の高まりに直…

詳細を見る

米、北朝鮮攻撃に言及

2017.04.12

 北朝鮮の核・ミサイル問題を巡り、米政府が米中首脳会談を控えた4月上旬の日米高官協議で、中国の対応によっては北朝鮮への軍事攻撃に踏み切る可能性に言及していたことが11日、分かった。 「ストライク(攻撃)」という表現を使い、この方針をト…

詳細を見る

テスラ、GM抜き時価総額で全米首位の自動車メーカーに

2017.04.11

米電気自動車メーカー、テスラ・モーターズが時価総額でゼネラル・モーターズ(GM)を抜き、同ベースで全米首位の自動車メーカーとなった。   テスラ株は10日の米株式市場での早い時間の取引で一時3.7%高となり、これにより時価総額は510…

詳細を見る

上場なら時価総額は世界最大 サウジ国営石油の誘致なるか 東証の並々ならぬ意欲

東京証券取引所を傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)が、2018年と見込まれているサウジアラビアの国営石油企業「サウジアラムコ」の新規株式公開(IPO)で東証への上場誘致に取り組んでいる。時価総額は2兆ドル(約220兆円)超との観測も一部…

詳細を見る

アーカイブ