世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

急速に膨れ上がる韓国の借金、ギリシャより深刻な事態に

2017.08.25

2017年8月23日、韓国・朝鮮日報によると、韓国政府が福祉・雇用創出の財源を確保するため来年20兆ウォン(約1兆9300億円)以上の赤字国債発行を計画するなど、本格的な財政赤字の様相を呈してきた。 金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首…

詳細を見る

大手米銀に3兆円の恩恵、トランプ大統領の規制緩和で増益20%も

2017.08.24

ワシントンで吹く規制緩和の風に後押しされ、大手米銀6行の通期税引き前利益は合わせて270億ドル(約3兆円)増える可能性がある。これは20%程度の増益に相当する。   ブルームバーグがアナリストに話を聞き、各行の開示資料に基づいて試算し…

詳細を見る

米国株:続伸、税制改革の動きが前進との見方-リスク選好強まる

2017.08.23

22日の米株式相場は続伸。1週間で最大の上げとなった。トランプ政権の税制改革への取り組みが大きく前進しつつあるとの見方が強まったほか、欧州株上昇の流れも引き継いだ。   米税制改革で個人と企業の税負担を軽減する財源を確保する手段につい…

詳細を見る

ビットコイン、懐疑派も無視できず-アナリストは予想引き上げ合戦

2017.08.22

仮想通貨ビットコインはもはや、懐疑派さえも無視できない存在となった。どこまで価値が上がるのか、ゴールドマン・サックス・グループなどの大手銀行や投機家、長期投資家も予想合戦に参入しているようだ。   中心的な予想は、ビットコインが450…

詳細を見る

米国株の本格的下落が始まったかもしれない 警鐘は「相場の天井」で鳴ってはくれないもの

2017.08.21

短期的にはリバウンドも有り得るが… 日経平均株価は、8月18日まで3営業日連続で下落した。先週末の終値(1万9470円)は、過去の終値だけをみれば、5月ゴールデンウィーク明けの上振れ直前にあたる、5月2日(1万9445円)以来の1万9…

詳細を見る

トランプ氏が側近バノン氏更迭、ホワイトハウス「幸運祈る」

米ホワイトハウスは18日、トランプ大統領がスティーブン・バノン首席戦略官兼大統領上級顧問を同日付で更迭したことを明らかにした。 ホワイトハウスのサンダース報道官は声明で「ケリー米大統領首席補佐官とバノン氏は、今日がバノン氏の最後の勤務…

詳細を見る

日経平均下落で覚えておきたい「3つの価格」

2017.08.18

米国と北朝鮮の米朝関係に緊張感が高まり、リスクオフの流れに転じつつある株式相場。足元では米国株も日本株もいったんリバウンドしたものの、予断を許さない状況だ。今の日本株をテクニカル面から見ると、移動平均線などの動きからは今後の需給悪化が懸念さ…

詳細を見る

NY外為:ドル反落、FOMC議事録受け-ディスインフレを討議

2017.08.17

16日のニューヨーク外国為替市場ではドルが反落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の7月会合の議事録で、ディスインフレについて踏み込んだ議論が行われたことが明らかになった。 その原因や継続期間について結論は得られなかったようだが、数四半…

詳細を見る

日本株が大きく動き出すのは8月24日以降か

2017.08.16

膠着相場が続いていた日本株市場だったが、北朝鮮と米国との関係悪化に伴う地政学リスクが再燃した。8月15日の日経平均株価の終値は1万9753円と5日ぶりに反発したものの、2カ月に及ぶレンジ相場を下放れ、14日は一時1万9486円まで下落した。…

詳細を見る

米国株が大幅続伸、米朝の緊張緩和受けボラティリティーが後退

2017.08.15

14日の米国株相場は大幅続伸し、ボラティリティーを示す指数は低下した。米国と北朝鮮の間の緊張が緩和し、幅広い銘柄が買われた。   S&P500種株価指数は前週末比1.0%上昇して2465.84。4月24日以来の大幅上昇となった。 ダ…

詳細を見る

アーカイブ