世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

日本株市場に主要プレーヤー戻る-日銀が3営業日連続でETF購入

2017.11.16

TOPIXが1991年以来の高値を目指した10月から11月初旬の上昇局面でおおむね様子見に回っていた日本銀行が、再び日本株の買い手として市場に戻ってきた。   14日夕方に公表されたデータによると、日本銀行は従来型の上場投資信託(ET…

詳細を見る

日本株は続落へ、原油安で景気懸念-日経平均は1年半ぶりの連続安も

2017.11.15

15日の東京株式相場は続落する見込み。海外原油市況の下落で景気の先行き懸念が広がり、自動車など輸出株、化学や非鉄金属など素材株、商社株といった海外景気敏感セクターに売りが優勢となりそうだ。 半面、三菱UFJフィナンシャル・グループや第一生…

詳細を見る

日本株続落へ、ボラティリティー警戒し輸出に売り-THK決算も失望

2017.11.14

14日の東京株式相場は続落する見込み。米国の税制改革の先行きを見極めたいと積極的な買いが乏しい中、直近の上昇率が大きかった電機や機械など輸出株、化学や鉄鋼など素材株が軟調となりそうだ。 THKやほくほくフィナンシャルグループなど決算失望銘…

詳細を見る

意外と知られてない、おっさんでも頭のキレと集中力が一日中続くようにする方法

2017.11.13

「年をとって、頭のキレと集中力が続かなくなってきた」と言う人は、集中力の投資戦略を間違えていることが多い。 一番まずいのは、なけなしの集中力を、仕事や勉強に使い果たしてしまうことだ。 仕事や勉強で集中力を使い果たしてしまうから、…

詳細を見る

「日本株はバブル」という人の根本的な間違い 「1989年の日経平均3万8915円」から離れよ

2017.11.10

日経平均株価はついに平成バブル崩壊後の高値2万2666円を上回り、11月9日には一時2万3000円も突破しました。東証株価指数(TOPIX)も1991年以来26年ぶりの高値。一部では「日本株はバブルだ」「そろそろ上昇局面は終わる」という声も…

詳細を見る

株は売り時、ポートフォリオ全て売却-世界3位のハノーバー再保険

2017.11.09

は売り時だと、世界3位の再保険会社、ドイツのハノーバー再保険は判断した。   ハノーバー再保険は8日、ハリケーンや地震などの保険金支払いに充てるため、約9億5300万ユーロ(約126億円)に上る株式ポートフォリオを全て売却したと明らか…

詳細を見る

債券バブルは2020年に破裂-「利回り上昇、株価も下落」に備えよ

2017.11.08

30年にわたる債券利回り低下の理由として最も有名な説は「世界的な過剰貯蓄」というものだ。 だが、ゲーブカル・リサーチの分析によると、貯蓄の増加は既に止まっており、数年内に減り始める見込み。 これが市場を転換させる要因となり得る。 …

詳細を見る

サウジの大富豪拘束で個人資産3.8兆円にリスク-銀行口座凍結か

2017.11.07

サウジアラビアのムハンマド皇太子が反汚職の名目で同国の権力と富の中枢にいる王族や閣僚らを拘束したことで、330億ドル(約3兆7500億円)の個人資産が危険にさらされている。   今回の拘束に伴い、サウジ当局はリヤドのリッツ・カールトン…

詳細を見る

毎日100円からも…つみたてNISA、来年1月スタート 少額から非課税最長20年

2017.11.06

来年1月から、少額でも運用を始められる投資信託を対象にした少額投資非課税制度「つみたてNISA(ニーサ)」がスタートする。一般のNISAの非課税期間は最長5年間だが、つみたてNISAでは20年間と長いのが特徴。仕組みと商品の違いを調べた。(…

詳細を見る

10月に下落したのはボラティリティー、過去最低に-チャート

2017.11.02

歴史的に10月は最もボラティリティーの高い月で、今年はブラックマンデーから30年という節目だったにもかかわらず、先月は株式市場にとって最も落ち着いた月だった。 ブルームバーグがまとめたデータによれば、CBOEボラティリティー指数(VI…

詳細を見る

アーカイブ