世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

ゴールドマン・サックスの惨めな業績

2017.07.20

金融関係者の就活サイトeFinancialCareersの「屠殺マダム」ことセーラ・ブッチャーが、ゴールドマン・サックス(ティッカーシンボル:GS)の凋落について面白い分析記事(What’s wrong with Goldman Sachs…

詳細を見る

甘粛省で1億トン級油田を2つ発見

中国中央テレビは中国国土資源省が発表した情報として 「2016年のわが国の石油・天然ガス資源の探査・採掘について、中西部と海域における採掘で多くの飛躍があった。(内モンゴル自治区、甘粛省、寧夏回族自治区、陝西省、山西省にまたがる)オル…

詳細を見る

クレディ・スイスが新戦略、コスト削減人員カットの時代の終わり示唆

2017.07.18

スイスの銀行、クレディ・スイス・グループは、コスト削減と人員カットの時代が近く終わることを示唆した。 新戦略計画では高リターン事業に集中すると行員に伝えた。   2018-20年の戦略策定の作業は今月開始された。 ブルームバーグが…

詳細を見る

オプション忍者の【日経225オプション】7月限+202,000円 7ヵ月連続利益!!

無題

オプション忍者の【日経225オプション】リアルタイムトレード配信 大阪のトレードマスターラボ㈱という投資助言業者が昨年から行っている日経225オプション配信。 7月限はいまだに取引回数たった二回で+20.2万。 2017年はい…

詳細を見る

19か月で+3,395,000円 日経225オプションのシグナル配信『225Legend』 7月限SQ+406,000円 2017年+1,594,000円 

無題

日経225オプションのシグナル配信『225Legend』 福岡の投資助言業者が展開している、日経225オプション取引の配信サービス。 推奨資金は200万なので18か月で+150%の利益をサービス開始から積み重ねている。 特に今…

詳細を見る

世界最速のトレーダーら、なぜ成績さえないのか-存在意義自問始める

高頻度トレーダーたちは壁に突き当たった。   スピードとテクノロジーを武器に不公平な優位があると高頻度取引会社を批判する声もあるが、こうした取引を手掛けるトレーダーらのリターンは低下傾向にある。 苦戦の理由の一つは、今回の上昇相…

詳細を見る

前代未聞、監査法人が金融庁を提訴したワケ 「処分勧告」は内部文書?金融庁が驚きの説明

2017.07.13

中堅の監査法人アリアのWebサイトには現在、このような文言が公表されている。 「金融庁の公認会計士・監査審査会が、平成29年6月8日に公表した勧告は、大多数の事実誤認に基づく、虚構の不当な文章であり、当監査法人は、司法の場でその事実を…

詳細を見る

退屈したトレーダーが出会い系アプリ閲覧、ウォール街不調の症状

ある債券トレーダーは早退して子供のスポーツの試合を見に行く。 あるファンドマネジャーによると、オフィスぐるみでゴルフで時間をつぶした。別の銀行のトレーディング部門の管理職は出会い系アプリでいろいろなお相手のプロフィルを閲覧していたと白状し…

詳細を見る

危機のフラッシュバック、大規模な格下げがサブプライム崩壊の引き金 Adam Tempkin、Claire Boston 2017年7月11日 07:03 JST Share on FacebookShare on Twitter 関連ニュース 米国株:S&P500種が小幅続伸、テクノロジーに買い-商い薄い SMFG:国際証券ビジネス強化、3年で粗利6割増へ-銀証一体化 The words ‘This note is legal tender for all debts, public and private’ appear on the face of U.S. one dollar bill displayed for a photograph in New York, U.S., on Tuesday, April 15, 2008. It was 135 years ago that the British economic journalist Walter Bagehot laid out the guiding principles for a central bank acting as lender of last resort: Lend freely at a penalty rate against good collateral. NY外為:ほぼ変わらず、イエレン議長の議会証言控えて様子見 米国債:小じっかり、決算シーズンとFRB議長証言に注目 ブルームバーグ ニュースをフォローする Facebook Twitter 10年前の今日、サブプライムローン債は「AAA」の建前が崩れた

2017.07.11

「なぜ今なんだ」とヘッジファンド運用者のスティーブ・アイズマン氏は尋ねた。 2007年7月10日のことだった。時間は午前10時。同氏はスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)のアナリストらとの電話会議の最中だった。 S&Pは73億ド…

詳細を見る

金融庁、新規制で「危ない地銀」をあぶり出し 辣腕の森長官、「再編ムリなら淘汰やむなし」

2017.07.10

7月で在任3期目に突入した金融庁の森信親長官。金融改革に辣腕を振るって注目されてきたが、その総仕上げとして、新たな監督手法を導入する。実質的なターゲットは地方銀行だ。 従来の形式的なモニタリング手法を見直し、新たな指標によるチェックや…

詳細を見る

アーカイブ