世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

仕事を「爆速で終える人」は何をしているのか 「ちょっとだけやってみる」で劇的に速くなる

2018.02.15

今年度も残すところ1カ月半。そろそろ、4月から新しく管理職になる内示を受けた人もいるかもしれません。ですが、「管理職1年目」には失敗がつきものです。特に、プレイングマネジャーの場合、部下を管理しながら自らの成果も求められるため、仕事量が急激…

詳細を見る

パウエルFRB議長:米利上げ継続を示唆-最近の株価急落でも

2018.02.14

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル長は13日、最近の株価急落の後を受け、金融システムへの脅威に対する警戒を怠らないとしつつも、緩やかな利上げを継続する方針を表明した。   パウエル議長はワシントンで開かれた就任式典での講演テキス…

詳細を見る

米国株は「今が買い」-波乱を言い当てたモルガンSのストラテジスト

2018.02.13

米株式市場のボラティリティーが2018年に高まるとの予想が的中したモルガン・スタンレーのストラテジスト、マイケル・ウィルソン氏は、打撃の大半は既に生じたとして、株式を買う時が来たと指摘している。 マイケル・ウィルソン氏写真家:Ch…

詳細を見る

医師が明かす ストレスに強い人、弱い人の決定的違い

2018.02.08

長時間労働などの働き方が問題視されるようになり、「働き方改革」に取り組む企業が増えているが、ストレスから心を病む労働者は今も絶えない。その中でも、厳しい労働環境でもストレスに打ち勝つ人とそうでない人がいる。その違いはどこにあるのだろうか。5…

詳細を見る

米株急落、犯人は機械? 「クオンツ取引」で売り注文が殺到

2018.02.07

5日の米株式相場を急落させたのは、定量分析を用いる「クオンツ取引」のアルゴリズムや売りプログラムなどの“機械”が犯人とする見方が市場関係者らの間に浮上している。人間業とは思えない速いペースで売り注文が殺到したためだ。  米調査会社エバ…

詳細を見る

日本株に楽観的、日経平均急落でも-米株のような懸念材料ない

2018.02.06

AMPキャピタル・インベスターズのネーダー・ナエイミ氏は資産の30%超を現金にしている。アジア株の下落をヘッジするため円のロングポジションを組もうとしている。ピクテ投信投資顧問の松元浩常務執行役員は先週、資産の現金比率を増やした。  …

詳細を見る

ニュース 海外ニュース 日本(国内)ニュース 独占ニュース マーケットニュース 経済指標 コラム・特集 マーケット情報 グローバル マーケット概況 株式 債券・金利 外国為替 商品 アジア太平洋 アメリカ 中南米 ヨーロッパ ビデオ・TV ブルームバーグについて Bloomberg (EN) 日本株は大幅続落へ、米金利上昇でリスク回避-時価総額上位中心売り

2018.02.05

5日の東京株式相場は大幅続落する見込み。米国の急激な金利上昇による景気や株式市場への悪影響が懸念され、電機や機械、銀行など時価総額上位をはじめ、鉄鋼や非鉄金属などの素材、海運といった景気敏感業種に幅広く売りが膨らみそう。   東海東京…

詳細を見る

基軸通貨国の矜持捨てる 米財務長官、「強いドル」と決別発言

2018.01.26

ムニューシン米財務長官は24日、世界経済フォーラム(WEF)が開催されているスイスのダボスで記者団に「ドル安は貿易と機会に関連するため、もちろん、われわれにとって良いことだ」と述べ、ロバート・ルービン第70代財務長官が確立した「強いドル政策…

詳細を見る

米国が静かに進めている北朝鮮「軍事攻撃」の準備 グアム島に集結する主力爆撃機、日本も心の準備を

2018.01.25

北朝鮮が韓国文在寅政権に対して平昌オリンピック参加を餌に揺さぶりをかけることにより、南北直接対話が開始された。その結果、アメリカ軍による挑発的な軍事圧力や軍事攻撃(予防戦争)は一見して遠のいたかに見える。日本のメディアによる北朝鮮騒ぎも、ひ…

詳細を見る

ヘッジファンド、明暗の17年 株式好成績もマクロ系苦戦

2つのヘッジファンドの成績が、2017年に業界で明暗が分かれた要因を如実に示している。  投資家向け資料などに詳しい関係者の話によると、株式ファンドのコーチュー・クオリファイド・パートナーズは、テクノロジー銘柄への投資が寄与してプラス…

詳細を見る

アーカイブ