世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

アシュラトレード 久しぶりのノーポジションのようです

私自身はアシュラトレードの監修者であるsinさんに資産運用をファンド組成ごとお願いした立場なので アシュラトレードのマニュアルとは全く関係ないのだが、実際の運用とリンクしているようで面白い。 今回珍しく限月の途中で 「あまりに相場…

詳細を見る

オプション忍者【投資助言商品】10月限+473000円 開始たった3か月で+1,284,000円

これはもう疑いようのないほど生粋のホンモノ運用者が助言者となっています。 結果は勿論素晴らしいのだが、なにより毎度ポジションが変わるごとに送られてくる 「解説文」 の分かりやすさ。 そしてこの解説にはこのような文面があった。…

詳細を見る

グロース氏、PIMCOを提訴-追放めぐり数億ドル求める

ビル・グロース氏は米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)と親会社アリアンツを相手取り「数億ドル(数百億円)」を求めて訴えを起こした。 賞与基金からの取り分拡大を望んだPIMCO幹部による「陰謀」により、最高投資責…

詳細を見る

プロが決める資産配分でも上昇から急落までをうまく乗り切ったのは2割程度

8月は国内外の株式を中心に9割超のカテゴリーが下落  8月のファンドの月間騰落率をモーニングスターインデックスでみると、全ファンド平均で5.73%の下落となった。カテゴリー別でみると、ブル・ベア型を除く68カテゴリーのうち、上昇したのはヘ…

詳細を見る

“アクティブVSパッシブ”新手法で検証、コストが明暗

市場で注目を集めた9月17日のFOMC(米連邦公開市場委員会)では利上げが見送られ、今後は10月30日の日銀金融政策決定会合での決定に焦点が移りそうだ。ETF(上場投資信託)の買い増しなど追加金融緩和への期待は根強い。日本株が再び上昇基調に…

詳細を見る

TOPIXが続伸、原油1カ月ぶり高値で資源買われる-空運は軟調

7日の東京株式相場は、TOPIXが続伸して始まった。前日の海外原油市況が1カ月ぶり高値を付けており、過度の業績懸念の後退で鉱業や石油など資源株が高い。為替相場の落ち着きを受け機械や輸送用機器など輸出関連株も堅調。 半面、原油安メリット業種…

詳細を見る

ベイン・キャピタル:22億ドルのマクロ・ヘッジファンド清算へ

ベイン・キャピタルは22億ドル(約2644億円)規模のヘッジファンドを清算する。 同社は投資家への書簡で、グローバルマクロのトレーディング環境が引き続き厳しいと説明した。 同社は「ご承知の通り、グローバル・マクロ・ファンダメンタ…

詳細を見る

アシュラトレード 9月でキャリアハイの+12,823,000円

下記がアシュラトレードマニュアルによって回した1000万口座の運用成績。 複利が聞いているので現在の残高は4500万ほどになっている(2015年開始時に1000万)ようだ。 アシュラトレードの特徴は、ブログやサポートが通常の印象と逆…

詳細を見る

オプション忍者【投資助言商品】10月限の利益も確定的 30万前後で着地となりそう

2015年 +94万 8月限 +44.3万 9月限 +36.8万 10月限-8.1万(10/2) 10月限はマイナスとなっているが、これは一切気にする必要が無いほどSQ時での利益は確定的。 先日の急騰時にコールを損切りしている…

詳細を見る

「中国ショック」世界に波及 7~9月期、運用利回り記録的マイナス

2015年7~9月期の世界の金融市場での運用実績が記録的なマイナスになる見通しになった。株式や商品、為替ファンドはいずれもマイナスで、若干プラスの債券もインフレ率で利益が相殺される状況だ。中国市場の混乱が世界に波及した。  世界株の指…

詳細を見る

アーカイブ