世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

ソニー、5年ぶり中間最終黒字 スマホ赤字圧縮・ゲームなど好調

2015.10.30

ソニー(6758.T)が29日発表した2015年4―9月期の連結当期純損益は1159億円の黒字(前年同期は1091億円の赤字)となり、5年ぶりに中間最終黒字化を果たした。前期に巨額の減損損失を計上したスマートフォン(スマホ)事業の赤字を縮小…

詳細を見る

米国株:FOMC声明で下落後に急反発

28日の米国株は上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表後に下げる場面もあったが、引けにかけて急反発した。 この日は銀行株やエネルギー株が買いを集めた。 アップルは四半期決算が好感されて上昇。 原油先物相場は8週間ぶりの大…

詳細を見る

ラボバンクを覆うメキシコの黒い霧-預金の洪水に資金洗浄との疑惑も

オランダの銀行ラボバンク・グループのカレキシコ支店は、預金が集まり過ぎるという普通では考えられない問題に悩まされていた。 このメキシコ国境沿いの支店は、ラボバンクが米カリフォルニア州で展開していた119店舗の中では小さいが、現金輸送車…

詳細を見る

郵政3社株は、どれを買ってもそこそこ儲かる

2015.10.27

10月26日、日本郵政株の売り出し価格が1400円で決まった(売り出し株式数4.95億株)。 これで11月4日に上場を予定している日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)のすべての売り出し価格が出そろったことになる(…

詳細を見る

新・日経225オプション配信「TPP225」 直近3か月の実績は+188万。一番の破壊力ある配信サービス。

新・日経225オプション配信「TPP225」 以前から、 「プロが居る世界で勝とうとしても無駄。プロに任せたほうが良い」 という主旨の文面を書くことが多い。 素人とプロのもっとも大きな差が出るのが日経225オプション…

詳細を見る

オプション忍者【投資助言商品】相変わらず手堅い。11月限も50万オーバーの利益か

11月限も既に+20万近くを確定させているオプション忍者。 投資助言配信サービスとしてはかなり優秀な部類。 それも中国市場に端を発した大混乱の中で、全く動じることなく 「失敗した」 と言いながら利益を積み重ねていく姿勢はプロ…

詳細を見る

コンビニ各社、海外出店戦略急ぐ TPP 新興国は「有望なフロンティア」

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)では、参加12カ国の投資やサービスなど国によって異なるルールが一定のルールに統一され、企業や消費者は海外活動で幅広い恩恵を受けられる。マレーシアやベトナムなどの新興国を中心に規制は大幅に減り、日本企業は海…

詳細を見る

役員報酬だけでは分からない大金持ち経営者113人

2015.10.22

海外投資家の圧力などもあり増配ラッシュが続いていることから、配当長者が続出している。所有する自社株への配当金が、1億円以上の主要経営陣を見てみよう。まずは、創業者やその一族が多い流通や外食、サービス、ネット、金融などメーカー系以外の企業であ…

詳細を見る

富裕層の海外資産 3兆1000億円余

2015.10.21

日本に住む富裕層が海外で保有している有価証券や不動産などの資産は少なくとも3兆1000億円余りに上ることが国税庁のまとめで分かりました。 日本国内に住んでいて海外に5000万円を超える資産を保有している日本人などの富裕層に対し、毎年、…

詳細を見る

モルガンS株が下落-債券トレーディング収入減少やアジア損失

2015.10.20

米モルガン・スタンレーの株価は19日のニューヨーク市場で、4.8%安で終了した。 中国のプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資関連の損失や債券関連の収益低迷が響いた。 この日の下落率は8月24日以来最大で、年初来の下げは1…

詳細を見る

アーカイブ