世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。

ニュース 海外ニュース 日本(国内)ニュース 独占ニュース マーケットニュース 経済指標 コラム・特集 マーケット情報 グローバル マーケット概況 株式 債券・金利 外国為替 商品 アジア太平洋 アメリカ 中南米 ヨーロッパ ビデオ・TV ブルームバーグについて Bloomberg (EN) 日本株は大幅続落へ、米金利上昇でリスク回避-時価総額上位中心売り

2018.02.05

5日の東京株式相場は大幅続落する見込み。米国の急激な金利上昇による景気や株式市場への悪影響が懸念され、電機や機械、銀行など時価総額上位をはじめ、鉄鋼や非鉄金属などの素材、海運といった景気敏感業種に幅広く売りが膨らみそう。   東海東京…

詳細を見る

基軸通貨国の矜持捨てる 米財務長官、「強いドル」と決別発言

2018.01.26

ムニューシン米財務長官は24日、世界経済フォーラム(WEF)が開催されているスイスのダボスで記者団に「ドル安は貿易と機会に関連するため、もちろん、われわれにとって良いことだ」と述べ、ロバート・ルービン第70代財務長官が確立した「強いドル政策…

詳細を見る

米国が静かに進めている北朝鮮「軍事攻撃」の準備 グアム島に集結する主力爆撃機、日本も心の準備を

2018.01.25

北朝鮮が韓国文在寅政権に対して平昌オリンピック参加を餌に揺さぶりをかけることにより、南北直接対話が開始された。その結果、アメリカ軍による挑発的な軍事圧力や軍事攻撃(予防戦争)は一見して遠のいたかに見える。日本のメディアによる北朝鮮騒ぎも、ひ…

詳細を見る

ヘッジファンド、明暗の17年 株式好成績もマクロ系苦戦

2つのヘッジファンドの成績が、2017年に業界で明暗が分かれた要因を如実に示している。  投資家向け資料などに詳しい関係者の話によると、株式ファンドのコーチュー・クオリファイド・パートナーズは、テクノロジー銘柄への投資が寄与してプラス…

詳細を見る

NY株続伸で最高値更新 政府閉鎖解除見通しで買い安心感

2018.01.23

週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に続伸し、前週末比142・88ドル高の2万6214・60ドルと終値の過去最高を3営業日ぶりに更新した。米政府機関の一部閉鎖が解除される見通しとなり、買い安心感が広がった。 …

詳細を見る

ビットコイン暴落でも冷めない日本人の熱気 チャンスにかける個人投資家と取引所

2018.01.22

仮想通貨の代表格・ビットコインの値動きが激しい。1月16日、それまで170万円台だったビットコイン(BTC)価格は、一夜明けると105万円まで下落した。昨年後半の急騰で12月中旬につけた220万円台から、わずか1日で半値となった(価格は取引…

詳細を見る

モルガン・スタンレーもビットコイン先物の決済手掛ける

米モルガン・スタンレー は大手の機関投資家顧客のためのビットコイン先物決済を手掛けており、そのほかの方法で仮想通貨に関わる方法を考えるため定期的に経営陣の会合を開くと ジョナサン・プルーザン最高財務責任者(CFO)が述べた。   プル…

詳細を見る

ビットコインがバブルなら史上最大-ドットコムなど比較にならない

2018.01.18

仮想通貨ビットコインは最近の下落で、バブルの懸念がますます深まった。チューリップやドットコムのように、歴史に残るバブルとなるのだろうか。   昨年12月18日に付けた高値でみると、ビットコインのブームは大変なものになる。3年間でほぼ6…

詳細を見る

トランプ氏、認知機能に問題なし 健診結果発表

2018.01.17

ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領(71)が就任後初めて行った健康診断の結果が16日、完全な形で発表された。診断結果は、トランプ氏は任期終了まで良好な健康状態を維持する見通しで、認知機能の問題もないとしている。  …

詳細を見る

株価が景気実感から離れて上昇している理由 マクロ分析で株価・成長率・景気実感を考える

2018.01.16

2018年の株式市場は日米共にこの上ないスタートを切った。1月5日の東京株式市場では日経平均株価が続伸し、2万3714円53銭と1992年1月6日以来、約26年ぶりの高値を更新した。「新年2日目の相場は下げる」というジンクスをはね返し、20…

詳細を見る

アーカイブ